一「京太郎君、パンツ当てクイズしようよ」

京太郎「……もう一度言ってください」

一「パンツ当てクイズしようってば」

京太郎「なんですかそれは……」

一「皆のパンツ持ってきたから誰のか当ててね」

京太郎「じゃ俺帰りますんで」

一「当てれたら本人を好きにしていいってさ、ボクも含めて」

京太郎「やります」キリッ

一「こっちの思い通りに動いてくれてありがとね」

一「はい、これ。頑張ってね」

『赤 黒紐パン エトペンバックプリント 絆創膏 金色』

京太郎(一つ最早パンツじゃないのに突っ込むべきか……)

一「じゃ当ててねー」

京太郎「まずエトペンバックプリントは衣さんですね。サイズ的にも」

一「当たりーハギヨシさんが作ったんだよそれ」

京太郎「金は透華さんですね間違いなく」

一「より派手にするって特注したんだよ」

京太郎「赤は井上さんで黒は沢村さんですか?」

一「うん当たり。二人とも勝負下着持ってきたって」

京太郎「それでこの絆創膏は……一さん」

一「うん。ボクのだよー全問正解だね」

京太郎「それにしても絆創膏って……」

一「今もだけど……剥がしてみる?」

京太郎「はい!?」

一「他人に剥がされるのは初めてだから……ちょっと激しくてもいいけど優しくね」

カンッ