清澄麻雀部の異常


久(須賀君は背後から近づくと、声をかける前に気がつく)


久(向かい合って話をする時は、必ず両手をフリーにする)


久(イスに座ると、距離を空ける)


久(私が声をあげて笑うと、額に汗をにじませる)


久(体に触れると、胸ポケットのボールペンに手を添える)


久(借りていたものを返すと、なにかをスプレーする)


久(以上の点を踏まえて考える、須賀君は…)


久(もしかして須賀君は…私に…特別な何かを…)


久(いや、やめておこう。きっと私の勘違いだ…)

優希「ある意味あってるじぇ!」

まこ「ある意味な」


カン