「じゃあ行きましょうかー、京太郎!」

ただ、好きになった人がロリータだっただけだ、とその筋の人は言う。

そのロリコンとやらは、俺には一生縁遠いものであろうと考えていた。


「京太郎、二人で出かけるのって、とっても久しぶりな気がしますねー」

大きなおもちを持つ年上のお姉さんが好きだった。今でもそうだ。

絶壁など、眼中に無いはずだった。今でもそう思っている。


「京太郎、この服……変じゃありませんかー?……えへへ、そうですかー」

時が過ぎる度に、認めたくない自分がいることに気づく。

そんなまさか、あり得ないと思う程に、その自分は大きくなっていた。


「京太郎、おっきなワニですね!私より大きいですよー」

水着による日焼け跡と鎖骨が、随分根強く自分の目に焼き付いている。

心地の良い元気な声が、耳の中にいつまでも響いているのだ。


「あの映画、王道って感じでしたねー。私にも、相手がいれば…」

矛盾している……タイプではない、はずなのに。

今はずっと胸を占めている。他の誰よりも、大切だと感じる。


「もう終わりですか……楽しい時間は早く過ぎるなんて、ほんとですねー」

とてつもなく、楽しい、幸せな一日だった。だというのに、まだ迷っている。

言ってしまって、関係がこじれてしまわないだろうか。離れ離れになったりしないだろうか。


「じゃあ…またいつかですねー、京太郎」

迷っている俺の背中を押したのは、他でもない彼女の、一瞬だけ見えた、寂しげな表情だった。

もう逃げない。否定もしない。俺の中で出た、結論というのは。


「はっちゃん!一つだけ、いいかっ!?」

「な、なんですかー!?」


「好きだーっ!俺と…付き合ってくれーっ!」

「……よ、よろこんでーっ!」

もう、ロリコンでいいや、ということであった。

おわる