憧「はぁ~」

京太郎「ん?どうしたんだ憧、溜息なんかついて」

憧「最近さ、クラスのモブ美とモブ太がくっついたじゃない?」

京太郎「あー、何かそんなこと言ってたような」

憧「色々相談に乗ってあげたりアドバイスしたりしてたから上手く行ったこと自体は嬉しいんだけど」

憧「惚気られたりイチャついてるのを見せられると何だかねー」

京太郎「ああ、その気持ちは分からなくも無いな」

京太郎「っつーか恋愛相談なんか乗ってたのかよ、自分も彼氏いたことも無いくせに」

憧「余計なお世話よ!それに相談って言っても服装とかメイクとかのオシャレのことだし!」

憧「ま、そっち方面相談されても大丈夫だけどね~、男心はよく分かってるし」

京太郎「嘘つけ」

憧「嘘じゃないわよ、何たって男の京太郎と十年来の付き合いなわけだし?バッチリよバッチリ」

京太郎「……だから信用ならないだっつーの」ボソッ

憧「何か言った?」

京太郎「いや別に」

憧「ふーん、ま、話を戻すといい加減モブ美の惚気が胸焼け気味なのよ」

京太郎「付き合いたてのカップルだし仕方ないだろ、今が一番楽しい時期だろうし」

京太郎「それか惚気が嫌だってんなら憧も彼氏作って惚気返してやったらいいんじゃねーの?」

憧「うーん、別に彼氏とかまだ作る気無いのよねー、好きな人がいるわけでもないし」

憧「恋バナとかするのは大好きだけど」

京太郎「そ、そっか、いないのか、好きな奴」

憧「所でさ、京太郎は好きな人いるの?」

京太郎「んー……まあ、いるよ」

憧「えっ、嘘!?誰々?私の知ってる人?」ガバッ

京太郎「食いつきいいな!?いや、言わんし」

憧「えーっ、いいじゃない教えなさいよー、相談に乗ってあげるからさー」

憧「もしかしてよく遊んでるしシズとか?それとも好み的に玄か宥姉?」

京太郎「いや、だから」

憧「ほらほら、内緒にしてあげるからとっとと白状しなさいよ、ウリウリ~」カラダグイグイ

京太郎「………………っ、はーっ……」

憧「あ、あれ?気を悪くしちゃった?ゴメンね京たr「……お前」……えっ?」

京太郎「だから……お前」

京太郎「俺は好きなのは、新子憧っていう幼馴染の女の子だよ」

京太郎「昔からな」

憧「え……?ちょっと、えっ!?」アタフタ

京太郎「ったく、何が男心は分かってるだよ、ちっとも俺の気持ちに気づいてねーじゃん」

京太郎「散々アプローチもしたってのにさ」

京太郎「その癖そうやって結構気安くスキンシップ取ってくるしよー、抑えるの大変だったんだぜ?」

京太郎「何しろ好きな女の子にくっ付かれてる訳だし」

憧「!!」バッ

京太郎「あーあ、こんな風に告白するつもりは無かったんだけどなー、しょうがないか」

京太郎「……憧」

憧「っ!は、ハイッ!」ビクッ

京太郎「俺はお前が好きだ、どうか……俺と付き合ってくれ」

憧「~~~~~!!」マッカ

京太郎「急な話だし、返事はすぐにくれなくても……憧?」

憧「ふ……」

京太郎「ふ?」

憧「ふきゅあぁぁぁぁぁあああ~~~~///」ダッシュ

京太郎「あ、憧ー!?」

京太郎「に、逃げられた……だと……?」

憧「はーっ、はーっ」ドキドキ

憧「何か訳分からなくなって思わず逃げてきちゃったけど……京太郎が……私を……」ドキドキ

憧「いやいや、ドキドキしてるのは走ったからよね!うん!無い無い!京太郎何て!」

憧「…………無いんだから……」ドキドキ

~~~翌日~~~

憧「この教室の扉を開けたら京太郎もいるのよね……」ズーン

憧「昨日は混乱して逃げちゃったし、顔合わせ辛いなぁ……」ハァ

憧「いやいや、でもいつまでもここでこうしちゃいられないし気合入れろ、私!」パンパン

憧「おっはよー……ん?」

穏乃「京太郎なんだか今日元気ないね」

京太郎「そうか?別にそんなこと無いって」

穏乃「いーや!元気無いね!見れば分かるもん」

穏乃「というわけで私が元気を分けてあげる!そーれ!」ガバッ

京太郎「ちょ、止めろって穏乃、それくすぐったい!くすぐったいから!」

穏乃「元気になるまで離さないぞ~♪それそれ~♪」コチョコチョ

京太郎「なった!元気になった!だから止めっ、ははっはははははっ!」

穏乃「うりゃうりゃ~……ってあれ?憧?どうしたの?」

京太郎「ひーっひーっ……って憧!?」

憧「……」ツカツカ

穏乃「どうしたの憧?何か顔怖いよ?」

憧「……京太郎」

京太郎「は、はいっ!」ビクッ

憧「私ね、今さっき自分の気持ちがよーっく分かったわ」

憧「だからさ、ちょっ~と頭の位置を下げてくれるかしら?」ニッコリ

京太郎「は、はい……」ビクビク

京太郎「あ、あのな憧?さっきのは別に何でもな「……んっ」……んむっ!?」チュー

穏乃他クラスメイト「「「!!!?」」」

憧「……ぷはっ」

京太郎「あ、憧……?」アゼン

憧「いくらシズ相手とは言え、あんなの見せられて嫉妬しない訳無いじゃない」

憧「私も!……私も、京太郎が好き、大好き」

憧「だから私と……付き合って下さい」ペコリ

京太郎「……憧っ!!」ギュッ

オオオオオオッッ~~~~!

モブ美「きゃーっ!素敵ー!」

モブ太「お幸せにな!お二人さん!」

京太郎「憧……」ギュ

憧「京太郎……」ギュ

穏乃「あ、あのさ~、二人とも……?」トントン

京太郎「何だよ穏乃、ちょっと空気読んでくれよ」

憧「そうよ、今良い所なんだから」

穏乃「いや、でもさ~」チョイチョイ

教師(40代独身)「……」ピキピキ

京憧「「あ」」

教師(40代独身)「貴方達!教室で一体何をやってるんですかッッッ!!」

京憧「「ご、ごめんなさ~い!」」

この後麻雀部でもレジェンドを筆頭とした面々に散々からかわれましたとさ

カンッ