咲「SM?」

京太郎「ああ、たまには良いだろ?」

咲「京ちゃん、そんなのがしたいの?」ジトー

京太郎「だめか?」ショボーン

咲「ダメじゃ……ないけどさ」

京太郎「ならさっそく」ヌギヌギ

咲「い、今から!?」

京太郎「……だめか?」

咲「だって……せっかくのお泊りなんだよ? もっと普通に抱き合ったり」

京太郎「だけどさ、俺も試してみたいんだよ」

咲「むぅ~……」

京太郎「そんな顔すんなって。お、こんなところにロープが」

咲「用意周到!?」

京太郎「さ、さぁ!」

咲「京ちゃん、目が怖いよ」

京太郎「大丈夫、痛いのは最初だけ、最初だけだから」

咲「ふ、普通にやろ?」プルプル

京太郎「……」

咲「な、なんで黙ってるの?」

京太郎「さきー!!」ウガァー

咲「い、痛い、痛いよ」

京太郎「咲、咲」

咲「京ちゃんのばかー!」

バチーン

京太郎「うわぁ!」

咲「酷いよ、酷いよ、京ちゃん!」グスッ

京太郎「咲……」

咲「そんな京ちゃん、大っ嫌い!」

京太郎「……」

咲「今日は帰るね、ばいばい、お邪魔しました」ペコリ

カピバラ「きゅー」

咲「ばいばい」

京太郎「待て!」ダキッ

咲「京ちゃん///」

京太郎「ごめん、ごめん、俺、一人で盛り上がって」

咲「……」

京太郎「だから、だから」

咲「京ちゃん、私も、ごめんね」

京太郎「咲……」

咲「私も、京ちゃんのこと、何も理解しようとしなかったよね……SM怖がったり」

京太郎「いや、咲は悪くない、悪いのは「ストップ」」

咲「仲直りはチュー、場所はベット……?」

京太郎「咲!」ギュー

咲「京ちゃん///」ダキッ

二人は仲直りのキスをしてベッドへイン。



その後

ギシッ ギュッ

哩「んっ、その調子たい、んんっ!」

京太郎「師匠!」

姫子「んあっ」ビクッ

哩「いい調子ばい」

京太郎「ありがとうございます」

姫子「キーをゲットしたら、今度は私と繋がる練習と」

京太郎「姫子さん……」

姫子「初めてやけん、優しく頼むばい///」

哩「優しくじゃ練習にならんとよ?」

姫子「部長!」

京太郎「じゃあ、いきます」

姫子「おいで、京太郎///」

この後哩姫になんだかんだでSM教わって、なんやかんやで咲ちゃんに実践して
ハッピーエンドな京ちゃんと咲ちゃん(+哩姫)でした。

終わり