京太郎「染谷先輩、この荷物はこのへんでいいんすかね」

まこ「ああ、その辺で構わん。しかし悪いのー、こんな猛暑日に来てもらって…」

京太郎「大丈夫ですよ、このくらいなら。やっぱ男手も必要になりますからね」

まこ「そういって貰えるとありがたいんじゃがの…。礼もしたいけぇ、ちぃと休憩していきんさい」

京太郎「んじゃ、お言葉に甘えますね。…しかしここまで暑いと、客足も減りそうですね」

まこ「まあその辺は仕方ないところもあるけえな…ほれ、お茶入ったぞ」

京太郎「うお、ありがたい……ふぅ。働いた後だから、ちょっと眠いな」

まこ「もし眠いようなら、勝手にベッドで寝てくれて構わんよ」

京太郎「う、いいんですか?女の子のベッドで寝るのはちょっとな」

まこ「別にわしだけが使っとる訳じゃないけぇな、遠慮せずに」

京太郎「じゃあ、ちょっと眠ろうかな…イタズラとかしないでくださいね」

まこ「せんせん、子供かわしは…」










京太郎「……」

まこ「…子供じゃったな」

まこ「わし、自分にあんまり自信がないけぇ、こんな手段しか取れなんだ」

まこ「……すまんな、京太郎。大好きじゃ…んっ///」

京太郎「……」ピクッ

京太郎「……ん、もうこんな時間?」

まこ「おはようさん。いい寝顔じゃったから、起こすのためらってしもうた」

京太郎「え、寝顔見てたんです?うわ、恥ずかしいな…」

まこ「いひひ、堪能させてもろうたわ。飯はどうする、食ってくか?」

京太郎「大丈夫ですよ。帰って食わないと親にどやされますから」

まこ「ほうか…じゃあ、また明日にの」

京太郎「ええ…あ、一つ言い忘れてましたけど」

まこ「何じゃ?」

京太郎「好きです。お茶に入ってた薬、あんまり効き目なかったみたいですね」

まこ「えっ…!?」