怜「最近暑いな~」ゴロゴロ

京太郎「ですね~」

怜「やろ?せやから……」

京太郎「はいはい。どうぞ」

怜「ん、おーきに」ゴロン

京太郎「相変わらず文脈繋がらない頼み方ですね~」ナデナデ

怜「ウチの中では繋がっとるからええねん」

京太郎「ちなみにどんな?」ナデナデ

怜「ウチ病弱やん?せやからこの暑さでポックリ逝ってまうかもしれんやん?せめて最期の時は愛する男の膝の上で死にたいわ」

京太郎「敢えて一つずつ突っ込ませて貰いますね。病弱アピールやめ。縁起でもない事言いな。
    膝の上やなくて普通は腕の中やろ」ナデナデ

怜「お~、関西弁が様になってきとるやん。けどまだちょい足らんな~」

京太郎「そうですか?う~ん……」

怜「そんな京太郎の為に特別教師呼んだるわ」

京太郎「特別教師?」

怜「せや。お~い、そこの扉の陰に隠れとる竜某先生~。ちょいと京太郎にレクチャーしたってや~」

竜華「んなっ!?なんでバレてん?!」

怜「体隠して胸隠さずや!竜華がちょっと動くたんびにプルプル震えとったで。京太郎もホンマは気づいとったやろ?」

京太郎「え?あ~……」メソラシ

竜華「うぅ~////」

竜華「怜のアホ!京くんのスケベ!!////」バシッ! バシッ!

怜「ほれ、これがお手本の関西弁や。ツッコむときは勢いよくやらなアカンで。
  『!』一つか二つくらいあったら勢いあるツッコミに見えるわ」

京太郎「なるほど、勉強になります。ですが怜さん、メタいです。非常にメタ過ぎます」

怜「ま、それはそうと。竜華、何で入ってこんかったん?」スリスリ

竜華「え、えっと……」

京太郎「そう言えばそうですね。勘違いするような会話もしてませんでしたし、変な効果音も出してませんし」

怜「あんたも十分メタいこと言っとるやん」

京太郎「……何のことか分かりませんね」

竜華「ウ、ウチも……」

京太郎「?」

竜華「ウチも膝枕して欲しかってん!」

京太郎「へ?」

怜「そういや、前そんなこと言っとったなぁ。で、今チャンスっぽいけど言い出せず、ってとこなんか?
  でもここはウチのモンやで?」

竜華「片方くれたってええやん!」

怜「ん~……しゃあないなぁ」モゾモゾ

京太郎「ちょ、ちょっと待ってください!えっと、竜華さん?膝枕したい、じゃなくて、して欲しい、なんですか?」

竜華「せ、せや!いつもウチが2人にやったってるんやから、たまにはウチも京太郎にして貰いたかってん!
   え、ええやろ、そんくらい////」

京太郎「ええ、まあ問題無いですが。えっと、では、どうぞ」

竜華「し、失礼しま~す」ゴロン

京太郎「どうです?男の膝なんて固いだけだと思いますが」ナデナデ

竜華「あ……なんや、これ、めっちゃ落ち着くわぁ……」

怜「やろ?ってなわけや、京太郎。これからも頼むで~」

竜華「あ、ウ、ウチも、お願いします////」

京太郎「はぁ。しょうがないですね。でもまあ、それでお二人のモチベが保たれるんでしたら、いつでもどうぞ」

怜「京太郎の膝枕求道の旅はまだまだ続く!」

竜華「須賀先生の次回作にご期待ください♪」

京太郎「勝手に未完みたいにすな!ってか、竜華さんまで!?」

ワイキャイ ワイキャイ

セーラ「……なぁ、あいつら放っといてええの?」

船Q「間近でやられて砂糖吐くよりマシですわ」

泉「右に同じです」

セーラ「……せやな」

カン!