絹恵「う~ん……」ペラ…ペラ…

恭子「絹ちゃん、頑張ってんな~。対局してへん時はずっと牌譜見てんで」

洋榎「今年もレギュラー選ばれたんがそんだけ嬉しかったんやろなぁ」

漫「ウ、ウチは緊張で何も出来ません……」ガタガタ

由子「漫ちゃん、まだ震えてるのよー。大丈夫、爆発したら漫ちゃん大活躍間違い無しなのよー」

漫「それが試合で出せないんですぅ~!」

絹恵「あの、末原先輩。この局面ではどう打つのが正解だと思いますか?」

恭子「ん?え~っと……せやね、リーチ入っとるけど落ち目の親やし強気でいったらええんちゃう?

    この牌姿から変に曲げたらこの後の流れ悪くなりそうやし」

絹恵「うっ……やっぱりそうなんですね。すいません、ありがとうございます」

洋榎「何でウチに聞かへんねん~、絹ぅ~」

恭子「主将は攻撃一辺倒やからでしょう」

漫「そういえば須賀君はどうしたんです?もう部活始まって結構経ってますけど」

恭子「須賀くんやったらちょっと遅れるって聞いとるで。って言ってももう来るやろうけど」

ダダダダダッ ガララッ
京太郎「すいません、遅れました!」

恭子「噂をすればなんとやら、やな。連絡入れとったんやし、そんな急がんで良かったのに」

京太郎「いえ、そういうわけには。個人的なケジメですし。それじゃあ俺は昨日の牌譜整理の続きやっときますね」

洋榎「お~い、ガースー!もうちょいしたらあっち空きそうやし、空いたら入れ~」

京太郎「は~い、分かりました~!」

絹恵「えっと、ここは相手の河がこうやから……」

京太郎「こんにちは、絹恵さん。頑張ってますね。あ、ちょっと横失礼します」

絹恵「ん?ああ、京太郎くんか。うん、私もちゃんと皆の役に立てるようにならんとアカンからな」

京太郎「絹恵さんは十分に活躍してると思いますけどねぇ……あれ?絹恵さん、メガネ替えました?」

絹恵「え!?な、なんで分かったん?」

京太郎「そりゃあ、俺がメガネ萌……ゲフンッ、毎日のように絹恵さんを見てますからね!ちょっとした変化でも見落としませんよ」

絹恵「あ、ありがとう////で、でもよう気付いたな。フレームちょっと替えただけのマイナーチェンジやったのに」

京太郎「何度か、もう少し丸みのあるメガネの方が絹恵さんに似合うんじゃないかなぁ、と思ったことがありましたからね。うん、絹恵さんの優しさがより伝わってきますね!」

絹恵「ちょっ、そ、それはいくらなんでも……あっ……!」フラッ

京太郎「危ないっ!」ガシッ

絹恵「あ、ありが……っっ!?」

京太郎「ふぅ、セーフ。大丈夫ですか、絹恵さん?」

絹恵「あ……あ……」パクパク

京太郎「ど、どうかしましたか?」コシカカエ

絹恵「だ、大丈夫……大丈夫やから、は、離してくれへん……?////」

京太郎「あっ、す、すいませんっ!」バッ

絹恵「う、ううん。あ、えっと、ホンマにありがとうな。レンズも一緒に替えたから、まだちょっと視界が落ち着かんもんで……」

京太郎「いえいえ。でも、気をつけてくださいね。まあ、でも、俺が近くにいたらいつでも支えますよ」ニコ

絹恵「うぁ……あ、ありがとう……////」

絹恵(こ、こんなん、ズルいわ!で、でも……もっかい位よろけても、ええかな?な~んて……)




恭子「…………なんか」

洋榎「…………ズルいわ」

漫「…………ウチ、コンタクトからメガネに替えようかな?」

由子「…………漫ちゃん、その抜けがけは落書き10個の刑に相当するのよー」

漫「酷いっ!?」


この後、京太郎と絹恵が何故か皆の集中攻撃を喰らったが、理由は闇の中に葬られたそうな

カン!