京太郎「もうこんな時間かー。晩飯どうする?どっか行くか?」

憧「あの、さっ!」

京太郎「ん?」

憧「よかったら、あたしが作ってあげよっか?」

京太郎「え?マジ?」

憧「うん…」

京太郎「憧って料理できるんだ。なんか、意外」

憧「む…失礼ね。ひとりで暮らすってなってから、お母さんとお姉ちゃんに一通り仕込まれたのよ」

京太郎「へぇ。つーかお姉さんがいたのか、初耳」

憧「言ってなかったっけ?」

京太郎「憧のお姉さんってことはきっと美人なんだろうな~」

憧「ふきゅ」

京太郎「俺は一人っ子だからなぁ」

憧「そ、それよりっ!晩御飯よ晩御飯!」

京太郎「お、そうだった」

京太郎「ぜひともお願いしたい!って言いたいところなんだが…」

憧「?」

京太郎「いま冷蔵庫の中、肉しか無いんだよ。ほら」ガパッ

憧「ぅわ、スカスカ…あんた普段どうしてんのよ」

京太郎「肉を適当に焼いて食ってる。ほかにはレトルトのカレーとか炒飯とか麺とか…」

京太郎「あとたまにタコスつくってるくらいだな」

憧「タコス!?」


カクカクシカジカ


京太郎「そんなわけで、タコスだけは作れるんだよ」

憧「……ふ~ん」

京太郎「今度憧にも食べさせてやるよ」

憧「…………」

京太郎「どうかしたか?」

憧「…なんでもない」

京太郎「いやなんか怒ってるじゃん」

憧「別に怒ってないわよ。ちょっと面白くないだけ」

京太郎「なにが?」

憧「自分で考えなさい、ニブチン」

京太郎「え、まじでわけわかんねぇ」

憧「はぁ~」

京太郎「…なんかわかんないけど、ごめんな?」

憧「理由もわからないのに謝るのはやめたほうがいいわよ。少なくともあたしはいい気持ちしないし」

京太郎「……気をつけるよ」

憧「はい、じゃあこの話はおしまいね」

憧「ねぇ、冷蔵庫の中に野菜がタマネギしか入ってないんだけど」

京太郎「野菜はスーパーで惣菜とかサラダとか買ってきてんだよ」

京太郎「そのものを買ってきても悪くしちゃいそうだしさ…」

憧「……基本的な調味料はあるのね」ブツブツ

京太郎「って、憧さん?」

憧「ん?なに?」

京太郎「…いや、なんでもない。で、どうするんだ?」

憧「買い物に行きましょ」

京太郎「あ、作ってくれるんだ」

憧「なによ、いらないの?」

京太郎「まさか、超楽しみです」

憧「あんまりハードル上げないでよ。あたしだってやり始めてまだ半年も経ってないんだからね」

京太郎「それでもさ、彼女の手料理なんて期待するなってのが無理だって」

憧「ま、ご期待に添えられるように頑張るわ。ね、なにか食べたいものある?」

京太郎「手の込んだモン!!」

憧「漠然としすぎ!」


カンッ




京太郎「なぁ、一回分にしては多くないか?」

憧「一回分?」

京太郎「違うのか?」

憧「今度来たときの分も…って思ってたけどダメだった?」



※アコチャーは通い妻にクラスチェンジした!

もいっこカンッ