誠子「はっ!」

京太郎「……」

誠子「よーし、着水は静かだったな!来い来い…!」

京太郎「……」

誠子「きたっ!うおぉぉ…!」

京太郎「……」

誠子「フィーーッシュ!……これはセイゴか、まあまあかな」

京太郎「……」

誠子「どうした京太郎?釣れてないようだな、あーっはっはっは!」

京太郎「…先輩」

誠子「んー?」

京太郎「俺、今日は先輩が『私の女子力見せてやるぞ!』って呼び出したから、何だろうなーと思って来たんすよ…」

誠子「うんうん…あ、クーラーボックス開けて」

京太郎「はい…


    で、着いてきた場所が釣堀じゃないっすか、しかも行きつけの
    肝心の女子力はいつ見せていただけるのかと……」

誠子「ふっふっふ、甘いな京太郎!観察力がないぞ!だからお前は振り込むのだぁ!」


京太郎「……………」ズーン


誠子「あ、ごめん…そんなにショック受けるとは思わなかったんだ…」

京太郎「…いや、いいっすよ……いつもあのアホイことアホの淡で慣れてますから

    …で、女子力は?」

誠子「あ、ああ、そうだった

   これを見よ!」ドーン



京太郎「………ルアー…っすね」



誠子「そう!ピンク色のデザインで可愛らしいだろう!
   思い切って買ってみたのを見せてやりたくってな!

   こうやって細かいところにも気を遣う、これこそ女子力だ!」

京太郎「……」

誠子「ふっふーん!」ドヤァ


京太郎「(この人、淡の性格がうつってきてんのか?
     妙にテンション高いけど

     それとも元からこんな……アのつくような人だったっけか?)



    わー…すげぇや、先輩」


誠子「わははは!そうだろう、そうだろう!

   よっし調子が出てきたぞ!それーっ、グランダーウェーブ!」



京太郎「……まったく

    まあ、でも…」



誠子「あはははっ!」



京太郎「この人が楽しそうなら、それでいいか」


カンッ