憧ちゃんち@一人暮らし


京太郎「あっちぃな…」

憧「そんなこと言うくらいなら離れてよ…暑いから」

京太郎「クーラーつけてんのになぁ」

憧「…そんなこと言うくらいなら離れてよ」

京太郎「憧はこうやって俺とくっついてるの嫌なのか?」

憧「時と場合によるわね。少なくともいまは嫌、なぜならば暑いから」

京太郎「あーきずついた。ショックでもう動けん」

憧「もう…しかしこう暑いとお風呂入りたくなるわね」

京太郎「風呂?熱いだろ」

憧「お湯じゃなくて水を張って入るのよ」

憧「気持ちいいわよ?実家にいたときはよくやってたな~」

京太郎「水風呂か、いいな。早速やろうぜ」

憧「はぃ?」

京太郎「だから、いっしょに水風呂入ろうぜ、って」

憧「いっしょに!?」

京太郎「え、そういうお誘いじゃなかったの?」

憧「おさッ!??ち、ちがうわよ!?あたし、そんなつもりじゃ…」

京太郎「ん~…じゃあ俺からのお誘い。いっしょに水風呂に入りませんか?」

憧「い、いっしょにお風呂なんて恥ずかしいじゃない…」

京太郎「いつももっと恥ずかしいことしてるだろ」

憧「それとこれとは別なのッ!」

京太郎「ぬぅ…じゃあさ、水着!水着で入ろう!」

憧「えぇ~」

京太郎「この前、新しいのを買ってただろ?それ着たところ見たい!」

憧「……どうしても?」

京太郎「見たい(し、海とかプールじゃできないこともヤりたい)!!」

憧「…しょうがないわね」

京太郎「よっしゃ!じゃあ俺準備して先に入ってるから!!」ドヒューン

憧「速っ!まったく…それにしてもなんか引っかかるような…」


ガチャ
憧「お、お待たせ~」

京太郎「おぅ待ってました!」

憧「どうかな?」

京太郎「………」

憧「なんか言いなさいよ」

京太郎「あぁ、悪い。見惚れてた」

憧「ふきゅ」

京太郎「と、とにかくさ、憧も入れよ」

憧「うん…ってアンタなんで裸なのよ!?」

京太郎「だって俺、水着なんて持ってきてないし」

憧「ハメられた…」

京太郎「いやハメるのはこれから―」

憧「やっぱりそういうつもりだったんじゃない!」

京太郎「憧だってわかってたくせにー」

憧「あーもう!あたしも入るから場所開けてよ!!」

京太郎「そんな怒るなよー」

憧「怒るわよ!」


……………
………

京太郎「ふぃ~気持ちよかったな、憧」

憧「ぅん…」フニャア

京太郎「大丈夫か?立てるか?」

憧「…抱っこ」

京太郎「いいけど、そのままベッド行っちゃうぞ?」

憧「……いいよ」



カン