京太郎「はぁ……はぁ……尭深先輩……もっとキス……」

尭深「んっ……どう?」

京太郎「頭溶けそうで……すっげーヤバいです……」

尭深「私も……須賀君の手すごく気持ち良くておかしくなりそう……」

京太郎「無意識でやってるんですけどね……」

尭深「須賀君ってさ……下着の上からお尻撫でるの好きだよね」

京太郎「……はい」

尭深「このパンツさ、新しく買ったんだけど似合うかな?」

京太郎「すっげー似合ってます……先輩にはやっぱ白が似合いますね……」

尭深「私も……もっと触って欲しいから……」

京太郎「先輩……」

尭深「いっぱいキスするから……いっぱい触ってね……」

菫「お前ら帰れ」

カンッ