優希「あぁーー!暑い…暑いじぇぇぇ……さっき食べたタコスが体から汗となって出て行っているじぇぇぇ…」

和「ゆーき、おぞましい事言わないでください」

優希「そうはいっても実際問題暑いんだから仕方ないじぇぇ……」

和「ほら、自動販売機まであと少しですから」

優希「じぇぇぇ~~……アクエリ、アクエリが飲みたい…!」





京太郎「アクエリ、と」


ガシャコン


京太郎「んぐ……ふぅ、そういやこれの噛んで上下に動かすキャップってどこいったんだろうな…」



優希「じょぉぉぉ~~~…!!」

和「あ、こんにちは須賀くん」


京太郎「ん?

    よう、奇遇だな」



優希「じょじょぉぉぉぉ~~~…!」

和「『挨拶はいいからどいてくれ、飲み物が買えないだろ』…だそうです」


京太郎「お、わりぃ」

優希「じょぉ……………じょじぇじょじぇぇぇ~~…!?」

和「『まったく……………ア、アクエリがない!どういうこった!?』……だそうです」



京太郎「あ?

    あぁ、それなら今俺が買った分で最後だったぜ」



優希「じゃじゅじぇじょじゃぁぁ~~~…!!」

和「『なんだってぇぇーー!このアホ犬ぅー!』…だそうです


  ゆーき、アクエリだけが飲み物ではありませんよ?
  お茶でも何でもいいじゃないですか」

優希「じぇじぇぇぇ~~…!じぇじぇぇぇ~~…!!」

和「『いやだいいやだい!わたしアクエリ欲しいんだ~い!』…って」


京太郎「そんなに欲しかったのか?


    ほれ」


優希「じょ?」

和「はい?」


京太郎「?

    アクエリだろ、ほれ」


優希「…じょぉ~……」

和「あ、あの須賀君…?」

京太郎「どした、遠慮すんなよ

    半分しか残ってないけど、やるよ」



和「あ、あの須賀君?そういう問題じゃあ…」

優希「………じょ///」

和「受け取るんですか」

優希「んく…んく…///」

和「飲んでるし」

優希「ぷは……あ、ありがとうだじぇ…//////」

京太郎「お、言葉が戻ったな」

和「暑い暑い言ってた時より顔が真っ赤ですね」

京太郎「んじゃな」

優希「…じゃ、じゃあな京太郎…////////」



和「……」

優希「……//////」

和「…そのペットボトルどうするんですか?」

優希「…も、持ってかえろうかなーって…//////」

和「はぁ…」



後日、咲ちゃんに聞いたところ

咲「京ちゃんって回し飲みに抵抗がないの、スポーツ系の部活に入ってたからかな?」

とのことでした



カンッ