絹恵「おねーちゃん、京太郎君と遊んだんやって?」

洋榎「おー! USJのハリポタ行ってなー。一日かかったわー」

クシャリと二つ、チケットが折れる。大事に大事に見つめていたはずのソレを、握りしめて。
妹の表情をうかがい知ることは、背後に立つ姉にはできず、妹も激情に歪む顔を見せることは無い。

洋榎「あのアホなーんも調べとらんから、結局ウチが引っ張ってな? 絹とデートに行く時にはきちんと調べなアカンって釘さしといたわ!」

絹恵「……そう。おねーちゃん、うちらが今度、それ行くって知っとった?」

祈るように、耐えるような色を滲ませた言葉。
けれどそれに気付くにはあまりにも、姉は色恋を知らず。

洋榎「へっ!? そーやったんか…いやー、ごめんっ! 堪忍な…でも今度行く時は須賀がリードするさかい、楽しめると思うで?」

絹恵「…………うん」

洋榎「お! そうそう、こないだ須賀と飯食いに行った時な。嫌いなもん分かったで! あのアホ――」

絹恵「おねーちゃん」

洋榎「え? あ、どしたん?」

強く、強く。赤色が滲む手の平と、四本の爪のあと。
立ち上がろうと床を踏みしめる足を押さえつけ、振りかぶろうとする腕を押さえつけ。
出てきた言葉は。

絹恵「――アホやなー、おねーちゃんは。彼女のうちより二人っきりで行ってどうすんねん! あはは…」

洋榎「あー! しまった! ほんま堪忍な、絹…きっちりウチみたいにガサツやない絹の良さを教えとくさかい、安心してや!」

絹恵「そーゆー問題ちゃうんやけどなー……あ、お風呂わいとるし入ってきてな」

洋榎「おお、ほんま? そんなら入ってくるわ! おっふろー、おっふろー」

姉の姿は消え、音は消え。代わりに水を打つシャワーの音がリビングまで響く。
妹の指は白く固く、手の平を抉るように。二枚のチケットは引き裂かれ、ゴミとなって床へと叩きつけられる。

絹恵「……」

絹恵「ふっざ、けんなや!」

絹恵「なんで! うちに言わんと二人っきりで行くんや! おかしいやろ!?」

絹恵「ああ…クソッ! くそ、あのアマ…ふざけんなやぁ!」

冷たいガラスの割れる音。熱いシャワーの叩く音。
二人の心の温度の差が、音となって響きあう。
ギシリギシリと軋みながら。崩れ、割れて、傷つけ合う時を待ちながら。


カンッ