玄「あれ、憧ちゃん指輪してるー」

穏乃「ほんとだ、全然気づかなかった」

憧「ん?これ誕生日に京太郎がくれたんだー」テレテレ

穏乃「んん?でも私それ見るの初めてだよ?」

憧「いままではデートのときとかにしかつけてなかったんだけどね」

憧「普段からつけてて欲しいって言われちゃってー」テレテレ

玄「恋人から指輪のプレゼントなんて素敵だねー憧れちゃうなー」

憧「玄も彼氏作ればいいのよ。玄、可愛いんだしすぐにできるでしょ。好きな人とかいないの?」

玄「好きな人!?私の、好きな人は…………」ジー

憧「?」

玄「……いまは、いないかなエヘヘ」

灼「玄はドラが恋人だから」

玄「む…そういう灼ちゃんは好きな人いないの?」

灼「…………強いて挙げるなら「ハルエは禁止ねー」

灼「ぅぐ……じゃあいない」

憧「じゃあ、次シズ」

穏乃「私?う~ん……京太郎のことは好きだけど、たぶんいま言ってる“好き”とは違うと思うからなー」

穏乃「私もいないかな」

玄「それじゃあ最後はお姉ちゃんなのです!」

宥「ふぇ?」

憧「好きな人よ、好きな人。いないの?」

宥「好きな人?いるよ~」

玄「えぇえぇぇ!!??はじめて聞いたよ!??」

憧「まぁ姉妹だからって軽々しく話すことでもないでしょ」

穏乃「私たちも知ってる人ですか?」

宥「うん、みんなよく知ってるよ」

憧「え?誰?」

玄「全然思い浮かばないよ!」

宥「私の好きな人はねー…」

宥「京太郎くん」

憧「は?」

玄「え?」

灼「おぉ…!」

憧「や、やだなー宥姉、そういう好きじゃなくて-」

宥「ちがうよ」

憧「え…」

宥「なんていえばいいのかな……えぇっと、ちゃんとした意味で京太郎くんのことが好きです」

玄「お、お姉ちゃん…それはちょっと…」

宥「あ、でも憧ちゃんから京太郎くんをとっちゃおうとかは思ってないの」

宥「ただ憧ちゃんがいらなくなったら、貰っちゃおうかなって思ってるだけだから」 ←無邪気

宥「だから心配しないでね、憧ちゃん」ニッコリ ←超無邪気

憧「」



穏乃(お昼のドラマでこういうの見たことある!!!)

カン