咲「京ちゃん、これどういうことか説明してくれる?」ゴゴゴ

和「そうですよ、須賀君説明してください」

優希「早く本当のことを言ったほうが楽になるぞ犬」

京太郎「あの、さっきから本当のことしか言ってないんですが」

咲「嘘だ!」

京太郎「嘘じゃないです」

和「咲さん1回落ち着きましょう」

京太郎「和…」

和「それに自白の強要はいけません」

京太郎「俺のときめきを返せ」

優希「こんなことはあってはならないんだじょ」

小蒔「京太郎さん、あの時みたいに撫でてください」

京太郎「そんな重要なことか?」ナデナデ

小蒔「えへへ♪」スリスリ

和「そこっ!撫でないでください!」

咲「京ちゃんにスリスリないでください!」

京太郎「なんで急に」ギュー

小蒔「はふ~幸せです~」

優希「なに思いっきりだきしめてるんだじぇ!」

咲「京ちゃんなんで教えてくれなかったの!」

京太郎「なんでって聞かれなかったから」

和「恋人はいないって言いましたよね」

京太郎「言った、確かに言ったよ」

和「だったら、その人は何なんですか!」

京太郎「何って、許嫁」

咲「許婚?」

優希「なんで言わなかったんだ!」

京太郎「いや、恋人がいるか聞かれたときに言おうとしたら」

京太郎「お前ら、すぐどっか行っちゃたし」

京太郎「それに大会中もほとんど俺に話しかけてこなかったから別にいいのかなって」

小蒔「京太郎さん、お夕飯は何が良いですか?」

京太郎「んー、スーパー行って一緒に決めませんか?」

小蒔「そうですね」パアァァ

咲「どうして、夕飯の話をしてるのかな?」

京太郎「どうしてって家に泊まってるからな」

咲和優希「そんなの認めない!!!」

カン