「誕生日おめでとう(だよー)(ございます)、エイスリン(さん)(先輩)!」

エイスリン「ミンナ、アリガトウ!」

塞「これ皆で選んだのよ」

エイスリン「コンナニイッパイ!ウレシイ!」

豊音「特にこのキーホルダーは皆とお揃いだから私も超嬉しいよー」

胡桃「豊音が一番よろこんでどうするの」

白望「ダルかったけど…、いいの選べた…」

京太郎「そしてこれが俺の作ったケーキです」

エイスリン「キョータローガツクッタノ!?スゴイ!」

塞「確かにケーキは京太郎に任せたけど、まさか作ってくるなんて…」

胡桃「そんな特技があったんだ」

京太郎「いやいや初めてですよ、ケーキ作りなんて。料理もあんまりしないし」

豊音「じゃあエイスリンさんが京太郎君の初めての相手なんだね、超羨ましいよー」

塞「豊音!そういう言い方は止めなさいって」

エイスリン「ドウイウイミ?シロ」

白望「…ダル」

京太郎「でもなんか作れそうな気がしたんですよね、実際は結構失敗しちゃいましたけど」

塞「いや、簡単に作られたら私たちも女の子として面目立たないから」

エイスリン「デモ、オイシソウ!」

京太郎「気に入ってもらえてなによりです」

京太郎(本当はエイスリン先輩にいいとこ見せたかったからだったんだけど…)

エイスリン「キョウタロウ」

京太郎「はい?」

エイスリン「Thanks!」ウィンク

京太郎「!」

京太郎(このウィンクと笑顔が見れただけで大成功だ)

豊音「京太郎君超真っ赤だよー」

胡桃「照れてる照れてる」

塞「からかわないの。それじゃあハッピーバースデー歌って早く食べよう?」

白望「ダルいけど…まあ、いいか」

カンッ