京太郎「みんなにどんな下着が似合うか考えようと思うんです」

怜「ほほう…面白そうやな!」キラーン

京太郎「とりあえずいつものメンバーの考えてみませんか?」

怜「ほなまずは…泉からいってみよか」

京太郎「俺が思うに泉はですね、派手じゃないけどちょっと可愛い感じのだと思うんですよ」

怜「あーなんかわかるで」

京太郎「色っぽいのは似合わないけどちょっと可愛いのならうちにも…って思って周囲に密かに対抗してそう」

怜「せやけど面倒やから普段は上下揃えずおしゃれの時だけ意識する…みたいな」

京太郎「それで色は白ですね、これは譲れない」

怜「うちもそれには賛成やね、初々しい感じを出すには一番ええ色やし」

京太郎「こう押し倒した時に男に興味なかった子が一生懸命可愛いの選んだんだ…って状況最高じゃないですか!」クワッ

怜「それめちっゃええな! 最高やで!!」

京太郎「と泉はこれくらいにして…次に船久保先輩いってみますか」

怜「船Qは良くも悪くも普通な下着着けてそうやな、ただし流行に敏感で小まめに買い換える」

京太郎「そうですか? 船久保先輩は上下は揃えるけどそんなに関心なく適当ってイメージでしたけど?」キョトン

怜「船Qはああみえて案外流行とかに敏感なんやで、PCで麻雀ついでに色々と調べて研究してるんや」

京太郎「ほぇ~それでどんな感じのが似合うと思います?」

怜「真っ赤でレースとかもたっぷりなド派手なのが似合うんやないか?」

京太郎「赤ですか…おれは以外と黒いのが似合うと思ったんですけど」

怜「黒はほら…どっちかというたら監督のほうやと思って」

京太郎「巨乳人妻に黒下着ですか…うん、船久保先輩は赤でいいですね」

怜「身内にあんなんがいたら同じ色やと霞んでまうよなぁ…」

京太郎「対抗できるの絹恵さんだけですよね…なんというか遺伝子って残酷だなぁ」

京太郎「次はセーラさんの…って考える必要もないですよね」

怜「せやな、普段はスポブラで下も同じ色の地味なやつなんやけど…」

京太郎「彼氏ができたりしたら雑誌とかに載ってたちょっとエッチな下着に挑戦してみる…」

怜「やっぱこうやな!」ガシッ

京太郎「さすが怜さんです!」グッ

怜「ちなみにその時の色は?」

京太郎「そりゃエッチな下着っていったら黒という単純な思考ですよ!」

怜「せやな! やっぱ黒が一番やな!」

京太郎「恥ずかしがりながらそんな下着着けるって考えただけで興奮できます!」

怜「じゃあ次に…」

竜華「おーい、2人ともーっ!」タタッ

京太郎「あっ、竜華さんだ…」

竜華「さっきから楽しそうに話とるけど何話とるん?」

怜「竜華も簡単やな、もう竜華に一番似合う下着って一つしかないわ」

京太郎「ですね、竜華さんも答えは一つしかないですね」

竜華「下着…?」キョトン

怜「黒のエロ下着やな」

京太郎「黒いエロ下着ですよね」

竜華「ふえっ!?」ビクッ

京太郎「こんなエロい体つきなんですし似合わないはずないですよね!」

怜「こんなやらしい身体なんて他に見たことないで!」

竜華「やらしくなんてないもーーーんっ!!」ピューン

怜「あっ…逃げてもうた…」

京太郎「それでラストは怜さんなんですけど…」

怜「ちなみに今日は青い下着着けてるんやで」

京太郎「青ですか…たしかに怜さんに似合いそうですね」

怜「ほな…直接その目で確認してみんか…?」ペラッ

カン!