照「ねえ京ちゃん」

京太郎「はい?」

照「男の子って身近な年上の女性が初恋なんでしょ?」

京太郎「なんで限定なんですか。確かにそういうパターンも多いみたいですけど」

照「つまり京ちゃんの初恋の相手は私ってことだよね?」

京太郎「なに言って「馬鹿な事言っちゃだめだよお姉ちゃん」

照「なんだ咲、いたんだ」

咲「さっきからいたんだけど!?」

照「そんなことはどうでもいい。馬鹿な事って言ったのを撤回しなさい」

咲「しないよ!大体お姉ちゃん京ちゃんに年上扱いされたのが悲しくて泣いた癖に!」

京太郎「え、そうだったんですか!?」

照「ち、違う。あれは京ちゃんがようやく私を年上として見てくれたと感動しただけで…」

咲「嘘だよ!『京ちゃんが私のこと嫌いになっちゃった』とかぐずってたじゃん!」

京太郎「俺そこらへんをわきまえなきゃって思ってたんですけど…。嫌だったら戻しますよ?」

照「うぅ、大丈夫。年上扱いしてくれたってことは私の仮説が正しかったことを証明してるし」

京太郎「一から十まで間違いだらけdっすよ」

咲「今タメ口になりそうだったの慌てて修正したね」

京太郎「うっせ」

咲「やっぱり途中でいなくなったお姉ちゃんより中学時代を一緒に過ごした私の方に思いが傾くって考えるのが合理的だよ」

照「それはおかしい。むしろ多感な時期にいなくなった私のことが気になって自分の恋心に気付いたと考えるのが道理」

京太郎「いやいやどっちもないから」

照咲「「なんで!?」」

京太郎「世話焼かされまくって異性じゃなくて保護対象としてしか見れないんだよこのポンコツ姉妹が!」

照咲「「」」ガーン

京太郎「せめてもっとおもちがあればそう思わなくもなかったんだが…」

咲「わ、私もっとしっかりするよ!京ちゃんに女の子として見てもらいたいから!」

京太郎「おうおう頑張れ、それ言ったのこれで何回目だったかなぁ?」

咲「いじわる…」

照「じゃあ私はもっとお菓子を食べることにする」

京太郎「…その心は?」

照「胸が大きくなれば京ちゃんが喜んで私の世話をしてくれつつ惚れてくれるから」

咲「!」

京太郎「治す努力放棄ですかい。後咲、その手があったかってリアクションすんな」

照「ふふ、京ちゃん。本気になった私の魅力でメロメロにしてあげる」

咲「私もしっかり者としてむしろ京ちゃんを引っ張るような女の子になって見せるから!」

京太郎「ハイハイ。まあ期待しないで待ってますよ、お姫様方」

カンッ