憧「それじゃ上がって」

京太郎「お邪魔しますっと」

ワイワイガヤガヤ

京太郎「なんか騒がしいな」

憧「そういえば晴絵が遊びに来るって言ってたわ」

京太郎「なるほどね」

憧「ほら見つからないうちに行「あーきょうちゃんだー」

晴絵「おー憧に須賀くんじゃん、やほーぃ」

憧「はぁ…」

京太郎「…ども、お邪魔してます」

望「そんなんいいから、こっちおいでおいで」

憧「ちょ、お酒くさ」

京太郎「昼間っから酒盛りですか…」

望「休日に好きなことをしてなにが悪い!」

晴絵「なにが悪い!!」

京太郎「ダメな大人だ…」

憧「そんなだからいつまでたっても結婚できないのよ」ボソッ

望・晴絵「!!」

望「だって神社の跡取りとかお婿さんとらなきゃとかいうとみんな逃げてくんだもん」ブツブツ

晴絵「だって出会いが無いんだもん学生じゃない若い男ってどこにいるのよ」ブツブツブツ

京太郎「おい憧、どうすんだよこれ」

憧「だ、だって……ぅぅ、ごめん」

京太郎「あ~…お二人とも美人なんだから、その気になれば男の一人や二人…」

晴絵「慰めなんて聞きたくないよ!」

望「じゃあ京ちゃんが結婚してよー」

京太郎「はぁ?」

憧「はぁぁああああああ!!!??」

憧「何言ってんのよ!?ほんと何言っちゃってんの!!?」

京太郎「お前もちょっと落ち着け。望さんも何言ってんすかマジで」

望「初恋のお姉さんが結婚してあげるって言ってんだから、もっと喜んだらどうなのよー」

憧「ッ!」

晴絵「へぇ、そうだったんだ」

京太郎「ガキの頃の話ですよ」

晴絵「てっきり昔っから憧一筋なのかと思ってたわ」

望「憧のほうはそうだけどねぇ」

憧「あたしは関係ないでしょ」ムスー

京太郎「無くはないだろ」

望「物心つく前からきょうちゃんきょうちゃんってねぇ」

晴絵「ん?でも私が須賀くんのこと知ったの最近よ?」

望「あぁ…あんたが麻雀教室やってたころは唯一、距離があった時期だからね」

憧「……」

晴絵「へぇ、なんでなんで?」

京太郎「なんでって言われてもなぁ…そういう年頃だったとしか」

望「『女子なんかとあそんでられっかよ!』みたいな?」

晴絵「あーなるほど」

京太郎「まぁそんな感じです」

望「京ちゃんは知らないだろうけど、そのころ憧はかわいかったわよー」

憧「!?」

望「『今日は京太郎と話せた!』とか『体育で京太郎がかっこよかった!』とか、いちいち私に報告してくんの」

晴絵「なにそれかわいい」

憧「ちょっとなんで言っちゃうの!?しかも本人いるし!!ていうかなんで覚えてんのよぉぉぉ!!」

京太郎「…………」

憧「あーもうサイテー…死ねる、死にたい…むしろ殺して…」

晴絵「須賀くん黙っちゃってどしたの?」

京太郎「いや…その…」

「?」

京太郎「なんか、むっちゃ恥ずかしいっす…」

憧「~~~ッッ!!」

望「あっはっはっはっ!二人とも顔真っ赤だしっ!!」

晴絵「若いっていいわねぇ」

望「はー、おかし……それから中学入って…」

憧「もういい加減にしてー!」



憧「あたしもう部屋行ってるから!!」

晴絵「中学は須賀くんも阿太峯だっけ?」

京太郎「はい、憧といっしょです」

望「京ちゃん、憧が阿知賀じゃなくて阿太峯選んだ理由教えてあげよっか?」

京太郎「ちゃんと麻雀やりたいからでしょ?」

望「それもあるけど、もう一つあるんだよ」

晴絵「あぁ、なるほど」

京太郎「?」

望「京ちゃんが阿太峯行くって聞いたからだよ」

京太郎「!」

望「あのまま小学校卒業して中学が別々になったら、そのままお別れになっちゃうと思ったんじゃないかな」

晴絵「愛されてるねぇ、この色男」

京太郎「………」

望「まぁ結果として今みたいになれたんだし、良かったと思うわ」

晴絵「そろそろ憧んとこ行ってあげたら?待ってるよ」

京太郎「そうですね、イチャイチャしてきます」




ドアバーンッ!!

京太郎「憧ー!愛してるぞー!」

憧「いきなりなに!??」

京太郎「ハハハー愛いやつめー」

憧「ちょっと京太郎、やだ、ぁっ…





もいっこカン