京太郎「下乳のニオイを嗅がせてください!」

絹恵「…………」

京太郎「下乳のニオイを」

絹恵「いやいや、ちゃんと聞こえてるから! 繰り返さんでもええよ!」

京太郎「す、すげぇ! お姉さんの下乳のニオイを嗅げるなんて夢みたいだ!」

絹恵「誰が嗅がせるかアホ! 手前で勝手に話を進められても困るわ!」

京太郎「そんな、何でもするって言ったじゃないですか! 騙したんだな!」

絹恵「たしかに言うたけど物には限度っちゅうもんがあるやろド変態!」

京太郎「ありがとうございます!」

絹恵「何でお礼!?」

京太郎「はあ」

絹恵「な、なんやその顔。どんな変化球投げたって絶対お断りやで」

京太郎「いやね、弁償してもらえるならいいんですよ。愛宕さんが壊したルソン壺」

絹恵「う」

京太郎「ずいぶん勢いよく蹴っ飛ばしてくれましたよね。あれは見惚れちゃったな~」

絹恵「バッタモンや!」

京太郎「そうですよね、ニセモノなら人様の所有物でもぶっ壊していいんですもんね」

絹恵「…………」

京太郎「残念だなあ、うちの高校と正々堂々戦った姫松の副将がこんな」

絹恵「ああもうわかったわ! 下乳でも上乳でも気が済むまで嗅ぎ!」

京太郎「うわあおっぱいだ! まろび出た巨乳って本当に『バルンッ』て音が鳴るんですね!」

絹恵「そんなん知らん! はよクンカクンカしたらええやないの!」

京太郎「喜んで!」

絹恵「あっ!」

京太郎「……………」

絹恵「ねえなんで急に黙るん」

京太郎「え? いや、だってこれはちょっと」

絹恵「ちょっと何!? 自分から嗅がせてください言うといてその反応はおかしいやろ!」

京太郎「でもすごいですよこれ、想像よりずっとありがたいニオイがしますもん」

絹恵「いっそ殺して!」

京太郎「ああすげえ、うまく表現できないのが悔しいけどすげえニオイだ。俺ここに住むよ」

絹恵「頭がおかしいのか!?」

京太郎「すんません、ほんと辛抱たまらないんで自分見抜きいいっスか?」

絹恵「ちんこしまえ!」



絹恵「…………」

京太郎「…………」

絹恵「うちもうお嫁に行かれへん」

京太郎「まあそうなりますよね」

絹恵「そこはフォローするところと違うの!?」

京太郎「次は鷺森灼さんのグローブのニオイを嗅ぎにいくので!」

絹恵「お前ほんま死ねや!」