ナンパくん「そんなこと言わずにサー」

憧「ひぃ…やだぁ…」

ナンパくん「ねぇってばサー」

憧「きょうたろはやくきてよぉ…」


京太郎「あー…悪いんだけど、それ俺のなんで他あたってもらえますかね」

憧「京太郎ッ!」

チャラ男「なんだヨ、男連れならはやく言えヨー」


~~~~~~


憧「おっっっっそいわよ!!」

京太郎「悪い悪い。なんかすげー混んでてさ」

憧「怖かったんだから…」

京太郎「ごめんな」

京太郎「でもな、憧はかわいいからこんなこと、これから何度だってあるぞ」

京太郎「俺もいつも一緒にいてやれるわけじゃないしな」

憧「わかってる…わかってるけど…」

京太郎「お前もビシッと言ってやればよかったんだよ」

京太郎「『あたしには超かっこよくて、超優しくて、超頼りになって、その上超麻雀の強い彼氏がいるのよっ!!!』ってさ」

憧「自分で言うか」

憧「しかも最後のはウソだし」

京太郎「最後だけ?」

憧「………」





憧「ふきゅ」

カン