洋榎「はぁー、つまらん。部活終わっても誰も捕まらんし」

洋榎「一応誕生日なんやけど……このままだと、今年もおかんと絹におめでとう言われて終わりやな」

洋榎「めげるわ……恭子やないけどめげるわ……ん、この匂いは唐揚げ?」


京太郎「そこで俺の登場ですよ!」

洋榎「チェンジで」

京太郎「それが誕生日を祝いに来た後輩に対する言葉かよぉ!」


洋榎「うっさい、もうなに持ってきたとかもわかっとるからはよ出せや」

京太郎「なんだよ、この仕打ち……やっぱり母性の象徴に乏しい人は心まで狭いのか……」

洋榎「あぁん!?」

京太郎「ちょ、痛い痛い! そこは弁慶も泣いちゃいますって!」

洋榎「泣け! 泣いてうちに詫びろ!」

京太郎「あだだだだっ!」


――――――


洋榎「で、プレゼントは?」

京太郎「あれだけ蹴っておいて……」

洋榎「うぐ……悪かったわ」

京太郎「え、なんだって?」

洋榎「悪かったって言うとるやろ!」

京太郎「しょうがないなぁ、許してあげますよ」

洋榎「……このにやけ顔、どつきたい……!」

京太郎「なんか言いました?」

洋榎「いやー、プレゼント楽しみやなーって」

京太郎「そうでしょうそうでしょう。なんたって俺の自信作ですからね」

洋榎「ま、匂いで大体わかっとるけどな」

京太郎「そこまでは俺も想定済み……驚くのはここからだぁ!」


洋榎「……なんやこれ」

京太郎「ズバリ! 生クリーム唐揚げですよ!」

洋榎「それは見ればわかるわ! どないな理由でこんな暴挙に出たかっちゅーことを聞いとるんや!」

京太郎「いやぁ、実は唐揚げとケーキで迷いまして……だからその二つを組み合わせてみようかなと」

洋榎「それで唐揚げの上にクリームを乗っけたと」

京太郎「はい!」


洋榎「アホかっ!」

京太郎「あいたっ!」


――――――


洋榎「信じられん……! レモンをかけるのみならず生クリームぶっかけるとは……!」

京太郎「えー、だってマヨネーズつけて食べる人だっているし……」

洋榎「今度お前が食べるケーキの上にマヨネーズかけたろか!?」

京太郎「それこそ暴挙でしょ!」

洋榎「うっさい、同じことやらかしとるやろが!」

京太郎「この際偏見は捨てて食べてみてくださいよっ!」

洋榎「食えるかっ」

京太郎「俺の心がこもってるのにっ」

洋榎「ぐぬっ……しゃあない、一口だけ食ったるわ」

京太郎「どうぞどうぞ、箸はこちらです」

洋榎「あむ……ん?」

京太郎「どうですか?」

洋榎「案外……いや、めっちゃうまいやん!」

京太郎「でしょ?」

洋榎「唐揚げになにかつけるんは邪道や思とったけど、これはありやな」

京太郎「俺たちはまさに今、新しい道を開拓したんですよ」

洋榎「せやな……今までぼろくそ言って悪かったわ。謝る」

京太郎「いいんですよ。こうやって主将っていう理解者を得られたんですから」

洋榎「……その主将ってのもいい加減堅っ苦しいもんやな」

京太郎「そうですかね?」

洋榎「うん……せ、せやからな? 今日から名前で呼ぶことを許す!」

京太郎「はぁ、名前ですか」

洋榎「その代わり、うちも名前で呼ばせてもらうからな!」

京太郎「俺はかまいませんけど……」

洋榎「じゃ、練習やな……きょ、京太郎?」

京太郎「洋榎、さん?」

洋榎「京太郎」

京太郎「洋榎さん」

由子「……一体これはどういうことなのよー」


洋榎「ゆ、ゆーこ!?」

京太郎「いつの間に……」

由子「どういうことかって聞いてるのよー……」

洋榎「いや、これはっ、お互い認め合ったっちゅーか……」


由子「どうしてっ、唐揚げに生クリームが乗っかってるのよー!」


洋榎「へ?」

京太郎「よくぞ聞いてくれました! これは俺の革命的な閃きによる……」

由子「生クリームと言えばケーキ! 唐揚げにかけるなんて冒涜もいいところ!」

洋榎「あわわ……普段温厚なゆーこがすごい顔しとる……」

京太郎「いやいや先輩、それは偏見ってやつですよ。ここはまず一口……」

由子「そんな汚らわしいもの、食べられるわけがないのよー!」

京太郎「……いいでしょう、そこまで言うのならもう道は一つだ」

由子「須賀くん、私は悲しいのよー……」

京太郎「……」

由子「……」

京太郎「これは――」

由子「戦争は――」


「「避けられないっ!!」」


――――――


絹恵「せんぱーい? お姉ちゃんと須賀くん見つかりまし……ってなにこれ?」

洋榎「見事にはぶられてもうたわ」

絹恵「いや、なんで須賀くんと先輩がバトルかましとるの?」

洋榎「まさかゆーこがあそこでぶちぎれるとは……」

絹恵「お姉ちゃん、話見えないんやけど」

洋榎「話しも何もな……見たまんまや」


京太郎「さあっ、この唐揚げを食べるんですよ!」

由子「そうはいかないのよー! ケーキの名誉にかけてその存在を否定するのよー!」


絹恵「あちゃー、いつものか……まさか先輩がこうなるとは」

洋榎「京太郎もゆーこもうちのことそっちのけや」

絹恵「こうなったらもう仕方ないというか……あれ、お姉ちゃん須賀くんのこと今……」

洋榎「~~っ、べ、別に絹が思とるようなことはっ」

絹恵「まだなにも言うとらんよ?」

洋榎「……」

絹恵「まぁ、ようやっと素直になれてよかったんちゃう?」

洋榎「うっさい!」


カンッ