霞「私も今日で18歳なのね」

京太郎「いいじゃないすか、色々解禁される歳ですよ」

霞「そういえば男の人はそうだったわね」

京太郎「あれ、女の人だってそうですよね」

霞「女は16からよ」

京太郎「16……ああ、もしかして結婚できる年齢ですか」

霞「他に何かあるの?」

京太郎「車の免許とか、あとはエロいこととかも公的に」

霞「公的に……もしかしてまたそういう雑誌、隠しているのかしら?」

京太郎「……滅相もございません」

霞「嘘だったら潰ししちゃうけど、いい?」

京太郎「ごめんなさい!」

霞「まったくもう……小蒔ちゃんには見せないようにね」

京太郎「さすがに見せられませんって」

霞「あなたの誕生日は二月だったかしら?」

京太郎「ですね。まだまだ先ですけど」

霞「時々ね、私とあなたの歳が反対だったらって思うの。だってそうしたら……」

京太郎「たしかに霞さんが年下ってのは新鮮かも」

霞「あなたが年上というのもね」

京太郎「で、なぜにそんな話を?」

霞「ふふ、秘密。小蒔ちゃんにも悪いしね」

京太郎「まーたそうやって誤魔化して」

霞「ねぇ、もし私たちが30過ぎても独り身だったら……」

京太郎「結婚でもします? なーんて」

霞「ええ、そうしましょうか」

京太郎「……えーと、冗談ですか?」

霞「残念ながら冗談じゃないの」

京太郎「……マジすか」

霞「いいじゃない、誕生日だもの。約束してくれたって」

京太郎「ちょっ、そんなこと軽々しく決めちゃっていいんですか?」

霞「私の気持ちにはなにも問題ないわ。それにまだ先の話だし、その間にお互い別の人と結婚してるかもしれないじゃない」

京太郎「それなら……まぁ」

霞「じゃあそろそろ帰りましょ。みんな待ってるわ」


霞(彼が成人して10年は待つ。それが小蒔ちゃんへの義理)

霞(その間になにがあろうと、最終的に彼が独り身ならば私のものになる)


霞「ふふっ」

京太郎「どうしたんですか? なんか楽しそうですけど」

霞「ご馳走が楽しみね」


カンッ