京太郎「……咲先生……レディースランチが食べたいです……っ!」

咲「頼めばいいと思うよ」

京太郎「そこをなんとか! 恥ずかしくて無理ですからっ!」足にスガリツク

咲「京ちゃん……」

京太郎「憐れんだ目で見ないで! なんか歳とってくると視線が痛くなるから!」

咲「なら食堂で、人前で足に縋り付くのをやめようか。生徒の見本になる先生がそれじゃぁ」

京太郎「返す言葉がありません」

咲「いいよ。お返しに今度買い物に付き合ってよね」




設定的に京太郎と咲は先生。咲はプロの雀士であったが清澄高校の監督としてーみたいな。