はやり「すぴー。すぴー」

京太郎「…」

良子「…」

京太郎「すごいキレイですよね、はやりさんの肌」

良子「ぶっちゃけジェラシーですね。うわ、すげー」

はやり「すぴゅー」

京太郎「うわよだれ垂れてる」

良子「…すすっても内緒にしときますよ?」

京太郎「やりませんよ!?」

良子「大方、先日のバースデーで楽しんだんでしょ?いやらしい」

京太郎「やめてくださいよ、そういう下世話なの」

良子「そーりー」

良子「ただ、羨ましいです」

良子「あなたの一番になれなかった私としては」

京太郎「良子さん…」

良子「…コーヒーでも淹れてきますね」

京太郎「…はやりさん、おきていいですよ」

はやり「は、はやー」

はやり「よしこちゃんが京太郎くんのことを…」

京太郎「(鈍感なんだなー、この人)」

はやり「ど、どうしよ京太郎くん!?」

京太郎「どうもしませんよ」

京太郎「結局こんなもんどっちかが泣くようにできてんですよ」

京太郎「それなら、今の結果を享受する他ないでしょ」

はやり「お、大人だ」

良子「はやりさんが子供すぎるんですよ」

はやり「は、はやっ!?」

良子「はいコーヒーですよ」

京太郎「ども」

良子「はやりさんも、どーぞ」

はやり「あ、うん」

京太郎「うめーっす。朝に飲んで覚醒したい感じの味です」

良子「うちに泊まれば、いくらでもサービスしてあげますよ」

はやり「さ、サービスなんて…よしこちゃんエッチだよぉ!」

京太郎「違うよムッツリアイドル」

良子「…まあ、違うかどうかはわかりませんが」

良子「虎視眈々と狙っているということは、あるかもですね」

はやり「だ、だめだめ!!京太郎くんははやりの彼氏なんだから!!」




京太郎「…あー、はずかし」

カンッ!!