和「いったい何点くらいだったでしょうか」

京太郎「何が」

和「何がって、今日の予行演習のことに決まっているでしょう。肝心の目的を忘れましたか」

京太郎「別に忘れちゃいないけどさ。やっぱり俺がどうこう言うようなことじゃないと思うぜ」

和「どうして」

京太郎「お前がデートしたい相手は俺じゃなくて咲だろう」

和「正確には『したい』ではなく『する』んですよ。近ごろは何故か目も合わせてくれませんが」

京太郎「そういう横やりはいいから」

和「はい?」

京太郎「和が将来的にデートをするのは咲なのに、俺の意見なんて役に立つのかって聞いてるの」

和「何を言うかと思えばそんなことですか。十分役に立つと思いますよ、それがどうしましたか」

京太郎「どうもこうもあるかよ、性別から何から全然違うのになんの役に立つって言うんだ」

和「参考になりますからね。特にそうやって拗ねてるところなんか女の子みたいで可愛いですよ」

京太郎「…………」

和「ともあれ本人がそう言うのであれば仕方がありません。今日のところはこのあたりで」

優希「あれ、のどちゃんと京太郎?」

和「優希」

優希「どうしたんだこんなところで。さては昨日『用事がある』って言ってたのはこのことか」

京太郎「あのな優希、これは」

和「デートですよ」

京太郎「そうそう、俺たちはデートに」

優希「え」

京太郎「え!?」

和「こんなに楽しい休日は久しぶりでしたよ。彼には無理を言って連れ回してしまいましたが」

優希「ふふふふ、二人はその! ずっと付き合ってたのか!?」

和「優希にはそう見えますか? まあ、彼は私のことが好きで好きで仕方ないみたいですけど」

優希「…………」

和「優希」

優希「どうも邪魔してしまったようだな。長居するのもなんだし、また明日学校で会おうじぇ」

和「ええ」

京太郎「…………」

和「…………」

京太郎「どうして」

和「別に嘘は言っていませんよ。誤解については明日学校で解くことにしましょう」

京太郎「…………」

和「須賀くん?」

京太郎「誤解、なんだよな」

和「期待した目で見てもダメですよ。私が好きなのは宮永さんであって須賀くんじゃありません」

京太郎「わかってるよ」

和「それに、優希にいじわるをしたのだってちゃんと理由があるんですから」

京太郎「理由?」

和「ええ」



和「自分のものにはしっかり名前を書いておく性質なんですよ。小さい頃からね」