扉「一名様ご来店でーす」ガラガラ

「おーっす。あれ?咲一人か?」

「あっお疲れ様京ちゃん。皆用事があるから遅れてくるって
 ・・・ってなんで京ちゃん自分の身体の匂いを嗅いでいるの?」

「今日は体育があったんだけどさ、タオルと着替えはあったんだけど
 ウェットタオルと制汗剤を忘れてさ、ちょっと臭くないか気になるんだよ」

「別にそこまで気にしなくてもいいと思うんけどなー」

「いや、女性は男性より匂いに敏感っていうだろ?だから普段こっちが引くほど
 香水を付けてる女子もいるし、やっぱ気になるんだよ」

「もーっ!そんなに気になるんだったら私が判断してあげるよ」


咲は読んでいた文庫本を閉じ、京太郎の正面まで歩いていき臭いを嗅ぎはじめる

「これは・・・」スンスン・・・クンカクンカスーハースーハーペロペロムフームフー

「おいおい、そんな熱心に頭が密着するまで嗅がなくてもいいだろ」
「もう充分だろ?恥ずかしくなってきたしそろそろ離れようぜ」グッ
「って、ビクともしねぇ。咲、お前どこにそんな力があったんだよ」
「ちょっ・・・結構力入れてるのに全然離れねぇ・・・てか鼻息が荒くなってきてねぇ!?」
「本気で恥ずかしくなってきたからもうやめろttうひょぅあ!咲さんなんで舐めたんですかねぇ!?」
「なんでお前満面の笑みを浮かべてんの!?怖いっつーか身の危険を感じんだけど!?」
「ちょっそこは・・・誰かー!誰か男の人呼んでー!」

扉「二名様入りまーす」ガラガラ 

「おぉ優希に和!丁度良かった!咲を引き剥がすのを手伝って・・・ってなんで二人とも
 手をワキワキさせてニヤけながら近づいてくるんですかねぇ!?」
「ちょっまっ・・・誰か助けてー!」




このあと 滅茶苦茶 クンカクンカされた