――――――――――――――――――――

淡「あっ、キョータロー!」ダダダダダ

京太郎「あん?」

淡「おっはよー!」ギュー

京太郎「おうわ!?いつも抱き付くなって言ってんだろーが!」

淡「いーじゃんいーじゃん!」スリスリ

京太郎「ええい、すりつくな!」

――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――

淡「キョータロー!」パタパタ

京太郎「お?」

淡「さっきの授業ねー、先生にあてられたけどちゃんと答えられたよ!」

京太郎「お、おう…?」

淡「」ワクワクキラキラ

京太郎「…あー」ポフッ

淡「!!!」

京太郎「えらいぞ、淡?」ナデナデ

淡「あわあわ~♪」

――――――――――――――――――――

京太郎「…というもうまさに犬のような感じでここんとこ毎日こうなんですけどどうしたらいいんですかねこれ」ズゥーン…

菫(知らんがな)

京太郎「菫先輩?」

菫「ん?あぁ、すまん…まぁあれだ、この際開き直って躾けてみるのもいいかもしれないぞ。責任は持てんが」

京太郎「えぇ…」

菫「身もふたもないことを言うがそんなもん私が知るか。ところ構わずいちゃつきおって、爆発しろ」

京太郎「ひどくないっすか!?」

菫「知らん知らん!そんなもんは当人同士で解決しろ!」

京太郎「ちょっ、菫先ぱ…はぁぁ、どうしたもんかなぁーもー…」ガックリ

淡「ねぇねぇお話終わった?」ヒョコッ

京太郎「ほうっわあああああ!?なななななにしてんのお前!!??」

淡「スミレーとキョータローがお話してたから待ってたの!ふふん、淡ちゃんは大人だからね!!」ドヤッ

京太郎「お、おう…えらいぞー淡」ナデナデ

淡「ひへへー」ナデラレナデラレ

京太郎(犬っぽく躾…か…)

京太郎「淡」

淡「ん?なぁに?」

京太郎「………」

淡「?」

京太郎「………」

淡「ねぇ、どうしたの?きょーた」「おすわり!」

淡「わんっ♪」チョコン

京太郎「えっ」

淡「へっへっへっ…」キラキラ

京太郎「あの…淡?」

淡「へっ…へっ…?…………あれっ!?なんで私こんなことしてんの!?でも言われた通りにしたから誉めて!」

京太郎「よ、よーしよしよし」ワシャワシャワシャ

淡「うゆゆー…」

京太郎(性癖…なんだろう目覚めてきてる確実に、着実に)ワッソワッソ

カンッ