和「原村カンファレンスです」

京太郎「…………」

和「聞いているんですか須賀くん! わかったら今すぐそこに座ってください!」

京太郎「ここで話すことじゃないだろう、本人がすぐ近くにいるんだぜ」

咲「え、私?」

和「でしたら宮永さんには食券でも差し上げて少しの間席を外していただきましょう」

咲「ちょっと待ってよ、何を話すつもりなのかめちゃめちゃ気になるんだけど」

和「宮永さんと仲良くなるにはどうすればいいのか須賀くんに相談するだけですよ」

咲「えー」

京太郎「だからそれを本人に言ってどうするんだよ」

和「迂闊でした」

咲「いやいや、そうならそうと言ってくれれば私だってもっと原村さんと仲良くしたよ」

和「面と向かって言うのは恥ずかしいじゃないですか、私とお付き合いしてくださいなんて」

咲「ん?」

京太郎「誤解だよ咲。今お前が考えたお付き合いと、和の言ってるそれは違うから安心してくれ」

和「は? 一向に女の子同士の乳繰り合いを前提としたお付き合いですが?」

京太郎「人のフォローを無碍にするよね」

咲「ごめんね原村さん。私たちまだ知り合ったばかりだし、女の子同士っていうのもちょっと」

和「ちょっと? ちょっとは興味があるということですか?」

咲「ないよ!」

和「…………」

京太郎「もう少しこう、何と言うか。手心と言うか」

咲「ご、ごめんなさい原村さん。私ったらついムキになっちゃって」

和「いえ、いいんです。無理に言い寄ったのは私ですから」

咲「えっと、じゃあ私学食に行ってくるよ! 食券ももらったことだしね!」

京太郎「ちょっと咲」

咲「京ちゃんごめん、ホントごめん」

京太郎「…………」

和「行ってしまいましたね」

京太郎「なあ和、出来ればあまり恨まないでやってくれるか。咲にも悪気はなかっただろうしさ」

和「え?」

京太郎「え」

和「まさか、恨むだなんてとんでもありませんよ。まして簡単に諦めたりもしませんから」

京太郎「和」

和「彼女には考え方を変えてもらう必要がありますね。会議も今まで以上に綿密に行いましょう」

京太郎「結局俺も付き合わされるのね。これでようやく解放されるのかと思ってたんだけど」

和「私のことが好きなんでしょう?」

京太郎「…………」

和「…………」

京太郎「ずるい女」

和「ふふ」

京太郎「うまくいったらおっぱいくらいは揉ませてもらわないと割に合わないな」

和「うまくいったらでいいんですか?」

京太郎「え?」

和「……………」



和「冗談ですよ、須賀くんのスケベ」