京太郎と姫子は恋人前提で。



哩「一緒に長野に行ってたんやろ?どうやったと?」

京太郎「楽しかったですよ。土地勘もありますし色々案内しながら見て回りました」

京太郎「それよりも!部長見てくださいよこの写真!」

哩「おー姫子の脱いだ直後の写真か」

姫子(!?)

姫子(え?何?そんな写真は撮らせた記憶はなかとよ!?)

姫子(部長もなんでそいない見てスルーできっと?)

煌「こんにちはー…っておや?お2人はなに見てるんですか」

哩「京太郎がこの前撮ってきた姫子ん写真」

煌「そういえば頼まれてましたね」

京太郎「ええ。一番可愛く写ってるのがこれです」

煌「ふむ。久しぶりに見ましたがおぼこは可愛いですねえ」

姫子(お…未通女!?何気に花田に凄い呼び方されてる!?)

姫子(っていうかあいつあんなに口悪い奴やったと!?)

姫子(なして普通に回し見てるかとか誰が頼んだとかああもうツッコミが追い付かん!)

友清「ん?それ例の写真?」

姫子(まーた新手が来たと。もう驚かんとよ)

京太郎「そうです。頼まれた通りちゃんと写りが良いの厳選して持ってきました」

姫子(友清ば犯人か!)

友清「私こういうの好きやけん。あいがとー!」

姫子(こげな所で友達の意外な趣味を知ってしまった……)

友清「そういやこの子長野で食ったって聞いとっけど」

姫子(く…食われ……いや、確かにある意味食われとっけど……)

姫子(直球過ぎるけん。言い方もう少し考えて欲しか)

京太郎「まあ俺は好きですからね。かなり良かったですよ」

姫子「ふきゅっ」

美子「……」

仁美「……」

美子「これなんか注意した方が良くなかと?」ヒソヒソ

仁美「じゃあ言いだしっぺよろしく」ヒソヒソ

美子「さっきの対局で勝ったのは私やけん」ヒソヒソ

仁美「……」

仁美「…………そこの写真で盛り上がってる人達…ちょっとよかと?」

哩「なんね?」

煌「江崎先輩も見ますか?」

仁美「私ばそういうの心の底から苦手やけん。見る気なんて微塵もなかと」

仁美「そいよかさっきから姫子の表情が非常に面白いことになっとっけどわざとやっとっと?」

哩「別に仲間ハズレにしとるわけやなかとよ。ただ姫子はこういうの本気で嫌いやけん」

美子「そういう意味やなかとおm……」

姫子「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

京太郎「姫子さん!どうしたんですか!?」

友清「ごめーん。姫子が中身気にしてたけん見せちった(・ω<)」

煌「なんのために見せないようにしてたと思ってるんですか……」

姫子「む…ムリぃ……もう嫌ぁ……ぶちょー…きょうたろぉ……」

哩「ほら。虫が苦手でこんな感じでガチ泣きするけん見せんようにしとったとよ」

仁美「あー…もうよかと。なんか全部吹っ飛んだわ」

京太郎(ガチ泣きする姫子さんかわいい)


カン