淡「おつかれさまでーすっ!」

照「お疲れ様・・・」

京太郎「おう、2人ともお疲れ」

淡「あーっ、それってもしかしてー!」

照「笹・・・?」

京太郎「ああ、さっき用務員さんから持ってけーって、貰っちまってさ」

照「ああ、七夕だもんね・・・すごい、七夕飾りいっぱい・・・」

京太郎「せっかくだしいろいろ飾りつけてやろうかと思いまして」

淡「これ全部キョータローが作ったの?」

京太郎「おう、すごいだろ?」

淡「うんすごいっ!ほんとキョータローってこういうの得意だよねーっ。麻雀は全然ダメダメなのに」

京太郎「うるせー、ほっとけ!」

照「あ、そういえば短冊はまだ飾ってないんだね」

京太郎「もちろん短冊もありますよ、やっぱりこいつがメインですし、ほれ」

淡「おー、さすがキョータロー!」

照「ありがと、京ちゃん」

淡「よーし、こうなったら願い事100個書いちゃうぞー」

京太郎「いやいや書きすぎだからな!欲張るんじゃねぇ!」

淡「ぶーっ、沢山あったほうが賑やかできれいなのにーっ、つまんなーいっ」

京太郎「ちゃんと部員全員分あるから、皆の飾りつけたら自然とにぎやかになるっての」

照「そうこう言ってるうちに書き終わっちゃった」

京太郎「早っ!」

淡「えーっ、どんなのどんなのー?」

京太郎「・・・まぁ照さんのことですから、『お菓子がいっぱい食べたい』だったりして」

照「」

京太郎「(・・・あ、当たったなこれ)」

照「・・・何で分かったの?京ちゃんすごい・・・超能力者?」

京太郎「ああやっぱり・・・そりゃまぁ、普段の姿見てたら、ねぇ?」

照「?」ポリポリ←おもむろに取り出したポッ○ーをかじっている

淡「私もできたっ!」

京太郎「お・・・どんなのだ?」

『めざせインターハイ100れんぱっ!』

京太郎「おお・・・て、淡にしちゃまともだと思ったら、何だよ100連覇って!」

淡「夢はでっかくってね!どうせなら100回勝つ!」

照「・・・うん、いいと思う・・・さすが淡だね」

淡「でしょでしょーっ」

京太郎「その前にまず俺ら100年間も多分生きてないからな!・・・はぁ、もう」

淡「もー、さっきから文句ばっかり言ってーっ!そういうキョータローはどんなこと書くのさ!」

京太郎「・・・俺か?・・・うーん、俺は・・・」

京太郎「『おもちの豊かな女の子とお近づきになりたい』」キリッ

京太郎「やっぱこれだよなー!さあ、頑張って俺にとっての理想の織姫様を探すぞー、ってな!」

照「京ちゃん・・・」

淡「キョータロー・・・」

京太郎「・・・いや、2人とも痛い子に送るようなジト目で見ないでください・・・冗談っす」

淡「・・・あ、でもそのお願いって、もう叶ってるじゃんっ!」

京太郎「ん?どういう意味だ?」

淡「こういうことっ!えいっ!」ギュッ

京太郎・照「!」

淡「ほれほれーっ、キョータローにはこの、ないすばでぃーな淡ちゃんがいるでしょ!」ムニュムニュ

京太郎「な・・・、淡、お前いつの間に・・・!」」

淡「にゅふふー、びっくりした?何だか分からないけど、最近ちょっとおっきくなったんだよーっ!」

京太郎「(た、尭深先輩には到底及ばないものの、腕にはっきりと感じられるこの感触は、まさしくおもち!あえて名づけるなら、生意気おもち!)」

京太郎「ば、バカ、俺はもっと、大きなおもちを求めて、ダナ・・・」

淡「んーっ?といいつつ、声が上擦ってるよキョータロー?」ムニュムニュ

京太郎「く、くそ・・・成長期、恐るべし・・・」

照「む・・・淡ずるい・・・じゃあ私は・・・」サラサラ

京太郎「・・・て、照さん、さっきの短冊に何を・・・」

『京ちゃんのお嫁さんになりたい+そしてお菓子をいっぱい食べたい』

京太郎「なんか増えてる!」

照「私だって京ちゃんにとっての織姫になりたい・・・おもちは大きくないけど・・・京ちゃん、いや?」ギュッ

京太郎「(照さんまで!ああ、頬染めながら上目遣いで見つめるのやめてくれーっ)」

淡「あーっ、テルそれずるーいっ!反則だよーっ!」

照「短冊に願い事を2つ書いたらいけないなんてルールはないよ・・・、だからノープロブレム」

淡「うぬぬ・・・やっぱり私もう一枚書いちゃう!えーっと、『キョータローとケッコンする』っと・・・」

京太郎「ってこらおいっ!俺の意思はどうなるーっ!!」

菫「(部室で一体何をやってるんだあいつらは・・・)」

カンッ