◇部室

京太郎「と、いうわけで……7日は実家に帰ります」

菫「ああ、分かった」

誠子(どういうわけだろう……?)

淡「えー……京太郎、七夕の日いないの……?」グスン

京太郎「ゴメンな、淡」

照「咲によろしくね……?」

京太郎「了解っす」

淡「むぅ……京太郎と一緒に天の川見たかったー!」ジタバタ

尭深「東京で見られるのかなぁ……?」

京太郎「……淡も来るか?俺の家」

淡「えっ!?い、いいの!?」ガタッ

京太郎「長野の星は綺麗だぞー」

淡「行くっ!いいよね菫先輩!?やったー!!」バンザーイ

菫「……あまり良くないんだが」

京太郎「両親にも会わせたいし」

淡「ふぎっ……ま、マジ?///」カァァッ

京太郎(……咲には会わせないでおこう)

◇高速バス

淡「新幹線で行こうよー……」

京太郎「文句言うなって、こっちの方が安いだろ?」

淡「ちぇっ、京太郎のケチー」

京太郎「……というか、なんで制服?」

淡「だ、だって!……彼氏の両親に会うのにスーツとか買ってないし……///」ボソボソ

京太郎「固いなー、そんなの気にしなくていいのに」

淡「きっ、今日は晴れるかなー!?///」

京太郎「ん?あー……台風が近づいてるな」

淡「星、見える?」

京太郎「どうだろう……」

淡「正直……星より実家の方にドキドキしてるような……///」カァァ

京太郎「苗字が大星なのに……」

淡「家から見るのー?」

京太郎「一応見えるけどなー、せっかくだから山の展望台から見ようぜ?」

淡「え゙……く、暗くない?」

京太郎「?」

◇展望台

淡「ほっ……外灯があってよかった……」

京太郎「もうすぐ8時だなー、手を離すなよ?」

淡「へ?う、うんっ」ギュッ

京太郎「子供の頃は穴場だったんだが……カップルじゃなさそうだけど、何人かいるなぁ」

――――――

優希「のどちゃんの趣味が天体観測とは知らなかったじぇ!」

和「写真はまだ撮りませんけど……って咲さん?何を撮ってるんですか?」

咲(京ちゃん……京ちゃん……)パシャパシャ

――――――

淡「な、なんかこっちにフラッシュ焚いてない?あの人達」

京太郎「お、そろそろだな」

淡「え?な、なにが……」

――――――

和「ここは8時になると、外灯が一斉に消えるんですよ」

優希「停電は怖がっていたのに……のどちゃんは変だじょ」

咲「ふぅ……これだけ撮れば証拠充分」

優希「咲ちゃんはもっと変だ!」

◇暗闇

外灯「消します」フッ

淡「あわわっ!!?」ビクゥッ

京太郎「痛でぇっ!おい淡、手ぇ握り潰す気か!」

淡「くっ、くく暗いぃっ!?な、なんでなんでぇ……!?」グスン

京太郎「七夕の日だけ、暗くなるんだよー……って」

淡「京太郎っ……離れないでよ……!う、うぅぅ~……っ」ギュウッ

京太郎「お前……暗いのダメなのか?」

淡「う、うん……ぐすっ、絶対、絶対離れないで!」

京太郎「お……淡、見ろよ」

淡「あぅ……なっ、なに?」ビクビク

京太郎「空、見てみろって」

淡「へ?……うわっ、わぁ……!」パァッ

京太郎「綺麗だなー……天の川」

淡「すっ、すごい!めちゃくちゃ綺麗だよっ京太郎!うわぁー……!」

京太郎「ふぅ……喜んでもらえてよかったよ!」

淡「京太郎っ!あそこから見よう!こっちこっちー!」グイグイ

京太郎「あーハイハイ、暗闇苦手じゃなかったのかよー?」

結局……2時間も星を見続けていた。
実家では淡はガチガチに緊張していたが、ペットのカピバラのおかげで、いつもの淡に戻っていた。
途中、なぜか怖い顔の咲が訪問してきたが、なんやかんやで淡と仲良くなっていた。
東京には台風が直撃していた。

カンッ!