京太郎「ちわーっす!」ガラッ

竜華「きゃっ!」ビクッ

京太郎「んっ? そんな声出してどうかしましたか?」

竜華「さっき怜にひざまくらしてたら飲み物こぼされて…それで着替えようとしてて…」

京太郎「なら俺は外に…」

竜華「えっ? 別にここにいたってええやろ?」キョトン

京太郎「だってこれから着替えるんですよね…?」

竜華「さっきも言うたやろ、着替えるって」

京太郎「だったら俺がいたらまずいですよね…見られてもいいんですか?」

竜華「べつにかまわへんで?」

京太郎「とっ…とりあえず反対側向いてますから早く着替えちゃってください!」クルッ

<ナラハヨキガエテマウカ シュルッ

京太郎(この音は…今スカートを脱いで…)ゴクリ

<シミニナラントエエケド ゴシゴシ

京太郎(そして今はあの綺麗な足を拭いてるのか…)ドキドキ

<アトデオシオキヤナ! プンスコ

京太郎(ちょっとだけ…見てもいいって言ってたしちょっとだけ…)チラッ

竜華「えっと…代えの靴下は…」ゴソゴソ

京太郎「スカートじゃなくて靴下かよっ!!」ガンッ

竜華「ふえっ!?」ビクッ

京太郎「せっかく竜華さんのパンツが見られると思ったのになんだよこの仕打ちはっ!!」

竜華「すっ…スカート脱ぐんやったら見てもええなんて言うわけないやろ…//」カァァ

京太郎「でもっ! 男ってのは期待しちゃうもんなんですよっ!」

竜華「濡れたのはスカートとパンツだけやからやったから…この靴下履きにくいなぁ…」モゾモゾチラッ

京太郎「あの竜華さん…もしかしてパンツも脱いだりなんてしてないですよね…?」

竜華「ふえっ? パンツも濡れてて気持ち悪いから脱いでもうたけど…」

京太郎「じゃっ…じゃあ今のは錯覚じゃなく……竜華さんの…」ボタボタ

竜華「わわっ! 京くんどないしたん!?」アセアセ

京太郎「我が生涯……一片の…」ガクッ

カン!