京太郎「おーい憧~、期末の順位どうだった?」ウッキウキ

憧「………」ブッスー

京太郎「えぇっと…憧さん?」

憧「……下がった」

京太郎「ま、まぁ1番をキープなんてのはやっぱり難しいよな。で、何番だったんだ?」

憧「4位」

京太郎「たいして落ちてねぇじゃねーかよ!」

憧「これなら5位とか6位のほうが良かったわよ……4位ってやっぱりあたし的には最下位なイメージがして」

京太郎「あぁ~、なるほどたしかに」

京太郎「まぁでも今回は部活も忙しかったしさ、しょうがないって」

憧「で、あんたはどうだったのよ?」

京太郎「へっへー、聞いて驚け。9位です!!」

憧「え!?ほんとに?すごいじゃない!」

京太郎「ほら、俺って昔からやればできる子だからさ~ちょっと本気出せばこんなもんよ~」

憧「調子に、乗るなッ」ペシッ

憧「でも本当にすごいじゃない。前は20番台だったわよね?」

京太郎「あぁ、可愛い彼女が手取り足取り教えてくれたおかげだよ」

憧「ちょっと、誤解を招くような言い方しないでよ!」

京太郎「可愛いのも彼女なのも事実だろ?」

憧「そこじゃなくって、手取り足取りのほう!」

京太郎「んん?俺は親身になって教えてくれたって意味で言っただけなんだが?」ニヤニヤ

憧「ふきゅ」

京太郎「何をどう誤解するのかなー?」ニヤニヤ

憧「あーもう!うるさいバカ!京太郎のバーカ!!」

憧「あたしの順位が落ちたのも、京太郎に勉強を教えてたせいよ!!感謝しなさいよバカ!」

京太郎「言われなくても感謝してるって。ありがとな憧」ナデナデ

憧「ふんっ」

京太郎「あ、そうだ。テストも終わったことだしさ、前に話してたケーキバイキングの店行かないか?」

京太郎「憧、行きたいって言ってたよな」

憧「……行く」

京太郎「よし、決まりだな!」

憧「京太郎の奢りね」

京太郎「えぇっ!?」

憧「感謝してくれてるんでしょ?京太郎の感謝の気持ちが見たいなー」

京太郎「それを言われたら何も言い返せねーよ…」

京太郎「しゃーねぇ。不肖京太郎、姫にケーキバイキングを奢らせていただきますよ」

憧「よろしい、ふふふっ」






クラスメイト(爆発しろっ!!)

カンッ