白無垢が似合い頬に紅をさす、とても綺麗な花嫁。

集まってくれた皆の声に答えるように手を振りはしゃぐ。

祝福の声であたりは賑わい、笑顔が広がる。

咲「おめでとう、お姉ちゃん……京ちゃん」

ぼそっとつぶやくように祝福を。

ぎこちない笑顔を浮かべながら口にする精一杯の強がり。

二人の姿を見ていると視界がぼやけていく。

いけないね、ちゃんと二人を見てあげなくちゃ。

それでも、きゅうっと締め付ける胸の痛みにうつむいてしまう。

……遠くにいるはずなのに私の様子に気づき、心配そうな顔をみせる京ちゃん。

ずるいなぁ……失恋ひとつさせてくれない。

お姉ちゃんにも声をかけ、二人一緒にこちらに来てくれる。

京太郎「どうした? 咲」

照「咲、疲れちゃった? 控室で休んでてもいいよ。お菓子もいっぱいあるよ」

京太郎「照さん、やたら控室に戻るなって思ったら……はぁ」

照「……栄養補給しなきゃ、白無垢は疲れる」

何の気なしにじゃれあう二人を目にし、羨む気持ちが顔に出そうになる。

わかってるんだ、二人がお似合いなことぐらい。

咲「ふふ、何でもないよ二人とも。ただ……幸せそうでいいなって思っただけ」

でもね、もしあの頃の私に勇気があったらって考えちゃうんだ。

咲「私も二人みたいに幸せになりたいな~ってね」

……それでもダメだったかもしれないけど、失恋はできたはずだから。

咲「それよりも二人とも……結婚おめでとう」

京ちゃんは笑ってお礼を口にする。

お姉ちゃんは涙ぐんでしまう……もう、お化粧がダメになっちゃうよ?

咲「ほら、他の人たちにもその幸せを見せつけてきてよ。ね?」

京太郎「そうだな……じゃあ、後でまた。照さん行きましょうか?」

照「うん……咲、ありがとね」

そういって二人は手を繋ぎ戻っていく。

その姿にやるせなくなる……まだ私は好きみたい、京ちゃん。

もし、この気持ちがこれからも変わらないのなら私は……

咲「……よろしくね。お義兄ちゃん」

カンっ!



咲「京ちゃん……お姉ちゃん遠征でいないから二人きりになっちゃうね」

京太郎「……咲」

咲「ふふふ」

京太郎「おまえも今日ナイトゲームで試合だろ」

咲「ふぇ? あぁ! そうだった! じゅ、準備まだしてないよ~」

京太郎「はぁ、仕方ねぇな。送ってやるから早く準備してこい」

咲「あ、ほんと! ありがと!」

京太郎「おう、迷子になられたら困るしな」

咲「も、もう大人だから大丈夫だもん!」

京太郎「じゃあ、一人で行くか?」

咲「よ、よろしくお願いします。お義兄ちゃん」

もいっこカンっ!