智葉「こんなもの私の柄じゃないんだがな…」←狼耳着用

京太郎「似合ってますけどねぇ…」

智葉「そうか、それは…嬉しい…かな//」ミミガピョコピョコ

京太郎「かわいい」

智葉「ふぁ!?またそういう事を…」

京太郎「本当にかわいいんですが…そうだ、試しに狼の遠吠えみたいな事してみて下さい!」

智葉「はぁ!?誰がやるか……そんな哀しそうな顔するなよ…分かった、やるよ…」

智葉「わ、わおーん///」カァァ

京太郎「」ブチッ

智葉「ど、どうだった?あぁ……もう…後から恥ずかしさが///」マッカッカ

智葉「こんな事するのは、京太郎君ぐらいだからな…私が惚れた男だからな…」

京太郎「」ブチブチッ ガバッ

智葉「ちょ!?待ってくれ、ここは部室…ん//」ビクン

もちろん、最後までしました

カンッ