モブ女「須賀君ちょっといいかな」

京太郎「ん?良いぜ」

モブ女「授業でわからないところがあって」

京太郎「ああ、それはこうやってやると簡単にできるぜ」

モブ女「ありがとう、助かったわ」

京太郎「いいよ、これくらい」

モブ女「じゃあ、またねー」ノシ

京太郎「おう」ノシ

京太郎「さて、部活に行くかな」

小蒔「京太郎くん」

京太郎「小蒔さんどうしたんですか?」

小蒔「お話があります」

京太郎「何ですか?」

小蒔「先ほどの方とはどういった関係で?」

京太郎「ただのクラスメイトですよ」

小蒔「本当ですか」

京太郎「はい」

小蒔「なら、どうしてあんなに笑顔だったんですか!」

小蒔「私は京太郎くんにあんな顔があるなんて知りませんでした」

京太郎「あの、小蒔さん?」

小蒔「私にはしないのにあの方にならするんですね」

小蒔「ふふふ、あの女どうしてくれましょうか」

小蒔「そうですね、呪うなんてどうでしょう」

京太郎「変なこと言うのはこの口ですか?」ギュー

小蒔「いひゃいいひゃ、いひゃいでふひょうはろうふん」

京太郎「あなたが変なこと言うからですよー」ビヨーン

京太郎「おー、よく伸びますね」

小蒔「わらひがわるかったれふ、だからは、はなしてくだひゃい」ウルウル

京太郎「まったく」

小蒔「痛かったです」ヒリヒリ

京太郎「当たり前です」

小蒔「うー」

京太郎「で、どうしてあんなこと言ったんですか」

小蒔「そ、それは」ピコーン

小蒔「そうです、神託があったんですよ」

京太郎「へーそうですか」

小蒔「はい」エヘン

ペシ

小蒔「あう」

京太郎「自白ありがとうございます」

京太郎「それでは小蒔さん痛い思いをしたくなかったら今すぐに寝てください」

小蒔「へ?」

京太郎「二度は言いませんよ?」ニッコリ

小蒔「は、はい!」ビクッ

神「ちょっ、お前ら俺を出すなよおい」

京太郎「さて、出てきましたか」

神「お、おい坊主話せばわかるな、そうだろ?」

京太郎?「ああ、そうだなお前とは一回ちゃんと話し合う必要があるな」

神「坊主それは反則だぞ!」

スサノオ「さてお前らの罪を数えろ!」ゴッ

カン