「ちわーっす」

いつものように部活に顔を出すと、迎えてくれたのは大勢のチームメイトではなく犬耳を付けた宮永先輩一人だった。

うん、我ながら意味わからん。

「須賀君?どうかしたの?」

「真顔で首かしげないでください反応に困ります。
 …他の皆はどうしたんですか?」

「いつも頑張っている須賀君へのご褒美だって出て行った。
 …どういう意味か、分かる?」

そう心底不思議そうに問いかけてくる先輩。
すごく…可愛いです…。

ん?ちょっと待てよ?
なんだご褒美って?
まるで俺が先輩の事好きだってばれてるみたいな言いぐさ…。
まさか…そんな…。

「顔色が良くない。保健室に言った方がいい」

あいも変わらず無表情でそう告げる宮永先輩。
垂れた犬耳が普段より庇護欲を誘ってくる。
頭…撫でたいな…。

「今度は赤くなった…。大丈夫?」

「頭撫でていいですか?」

「へ…?」

そんなことを無意識に呟いていた。
何やってんだよ俺!!!
好きな相手に向かってとんだセクハラかますなんて!!!

これで嫌われたら海の底で物言わぬ貝になろう…。
そう決意する俺に先輩は…。

「べ、別に構わない…」

頬をわずかに赤らめながらそう返してきた。

「ほ、ホントですか!」

思わず大きな声が出る。

「…ん。皆の言うとおり須賀君はとても頑張ってる。だからご褒美」

珍しく少し笑みを浮かべながら先輩は答えた。
そして続けて…。

「そ、それに須賀君なら…。
 別に嫌じゃない…。から…」

「カハッ!!」

「す、須賀君?」

あまりの可愛さに意識を失うところだった。
千載一遇のチャンス。無駄にするわけにはいかない!
男須賀京太郎!いざ!!

「……」

「んっ…」

「……」

「…フフッ」

「ど、どうですか…?」

「なかなか…気持ちいい」

「あ、ありがとうございます?」

「うん、もう少し…このまま…」

そのまま先輩は目を閉じて黙ってしまった。
それこそ、本当の犬のように。

「俺、明日あたり車にはねられたりしないよな…」

俺はと言えば、降ってわいたような幸運を堪能しつつ、明日の我が身を心配するのであった。

カンッ



「ねー!いつまで隠れてればいいのー?」

「もう少し我慢してやれ!
 大会前の、せめてものねぎらいだ」

「むー!きょうたろーばっかずっこい!
 私もてるーを撫でたいもん!」

「お前は…。そっちなのか…」

「へ?そっちって…どっち?」

「もう、いい…」

モウイッコカンッ