――とある本屋の軒先

京太郎「参ったな・・・出かける時は晴れてたのに」

ザーザー

京太郎(走って帰るにもなぁ…止む気配がない・・・)

京太郎「でもこの通りは宮守生徒が良く通る道だし、誰か知り合いでも通れば!」

???「あれ、京太郎?」

京太郎「キターー!!あれ?誰もいないじゃん・・・」

胡桃「・・・目線下にしてみようか」

京太郎「く、胡桃先輩!?すみません!」

胡桃「別に気にしてないよ・・・慣れてるし。で、こんなとこで何してんの?」

京太郎「夕立に遭い雨宿り中です・・・」

胡桃「傘、持ってないんだ」

京太郎「ええ、天気予報見てなくて」

胡桃「(こ、これは相合傘のチャンス!!)し、仕方ないなぁ。じゃあ入れてあげるよ」スッ

京太郎「え…」

胡桃「遠慮しないの。こんな状況の後輩を見捨てるほど鬼じゃないんだから」

京太郎「いや、遠慮というか・・・どうやって?」

胡桃「ん?」


 身長差約50センチ!


胡桃「・・・ぬ、ぬおおお~~」プルプル

京太郎「足りないですねー」

胡桃「もう!京太郎、背高すぎ!」

京太郎「はは・・・(苦笑)」

胡桃「ダメ、腕が持たない。そうだ、京太郎が傘持てばいいのよ」

京太郎「それだと先輩がずぶ濡れになる気が」

胡桃「じゃ、じゃあ京太郎が私の身長に合わせて屈め!」

京太郎「腰がイカれます!」

胡桃「平気だよ、腰が痛くても牌は打てる!」

京太郎「日常生活は!?」


胡桃(く・・・このままじゃ相合傘が・・・それどころか、京太郎を置いていく羽目になっちゃう。それだけは避けないと・・・)

京太郎(これ以上は先輩に申し訳ないな・・・俺が出来るだけ屈んでいくしか・・・)

胡桃「!閃いた!これしかない!」

京太郎「ど、どんな方法ですか!」



パシャパシャ

京太郎「・・・」

胡桃「やっぱりこの方法が一番ね」

京太郎(肩車とは・・・まあ、合理的な方法ではあるのかも)

胡桃「はぁ、背低いって不便だ~。京太郎に分けてほしいぐらい」

京太郎「そうすか?俺は小さい先輩も可愛らしくていいと思いますけどね」

胡桃「・・・・・・っ~~~///!!」グリグリグリ

京太郎「あだだだだ!?俺なんか気に障ること言いました!?」

胡桃「何でもない///!ほら、キビキビ歩く!」

京太郎「はい・・・」


カン!