晴絵「皆で海水浴?いいじゃない!」

灼「うん。ハルちゃんも来れたらよかったのに」

晴絵「残念、大人は仕事なのだよ・・・。でも須賀君がついてるから大丈夫でしょ」

灼「うん。心強い」

晴絵「そういえば灼、水着持ってたっけ?海なんて久しぶりでしょ?」

灼「大丈夫。この間、買ったから・・・」

晴絵「へー、どんなの?あ、写真撮ったのね。どれどれ・・・」

灼「どう?」

晴絵「・・・・・・・・・」

灼「?」

晴絵(写真の中の水着と思われるものの中央に堂々と熊の顔写真が・・・)

灼「ハルちゃん?顔が青・・・」

晴絵(どうしよう…このままじゃ灼が好奇の目に晒されてしまう・・・何かいい方法は・・・)

晴絵「そうだわ!」


――後日、とある駅前・・・


灼(ハルちゃんに言われるがまま水着選びにもう一度来たけど…誰が来るんだろう。一緒に選んでくれるからって…)

(遠くにいる)京太郎「あ、いたいた」

灼(あ、京太郎だ。お買いものかな?・・・こっち見てる?)

京太郎「まさかの灼さんか・・・はて、何しに行くんだ?」

灼(ち、近づいてくる!ど、どうしよう。何話したらいいのかな!)

京太郎「灼さん!お待たせしました」

灼「おっ、おはよう。京太郎・・・ぐ、偶然・・・だね」

京太郎「偶然?いやいや、どっちかというと必然じゃないすか?」

灼(う、運命ってこと///!?京太郎って意外とロマンチスト・・・?)

京太郎「それで、どこに行くんです?俺なんも聞かされてなくて」

灼「・・・・・・誰に?」

京太郎「赤土先生に」

灼「は?え?」

京太郎「明後日10時に駅前に灼さんが待ってるから・・・と」

灼「え、え、ええええええええ!?!?」


なんとか落ち着き、店へ移動・・・


京太郎「・・・・・・ちょ、え、嘘」

灼「ここが目的地・・・。その、つまり水着選び・・・私の」

京太郎「いやいやいやいや!人選がおかしいでしょ!なんで俺ぇ!?」

灼「それはハルちゃんに聞いて・・・」


「京太郎に選んでもらったとあれば着ざるを得なくなる。さらに、デートで二人の仲も進展する!まさに一石二鳥ね!」:赤土晴絵談


灼「・・・・・・え、えっと。せっかくだし、京太郎に選んでほしい」

京太郎「・・・わかりました。俺も腹くくりましょう。ランジェリーショップよりマシだと思えば!」



――店内

灼「色々あるね」

京太郎「華やかですねー」

灼(皆こんな派手なの着るの・・・?)

京太郎(さて、どうしたもんか。下手に考えるより、直感で・・・お、ちょうど可愛らしい色のが・・・)ガシッ

京太郎「灼さん、これなんてどうですか?」

灼「ん?・・・・・・/////!!!!」

京太郎「あ、あれ、変な反応・・・」

灼「きょ、京太郎の変態・・・///!」

京太郎「え?またまた、露出の少ない水着で・・・ってなんじゃこりゃあーーー!!」

京太郎(間違えて隣のマイクロビキニ取ってたぁーー!!つーかなんでこんなん売ってんだぁーー!!)

京太郎「違う、違うんです!!本当に薦めたいのはこっちでして・・・」ガシッ

灼「///!?京太郎のド変態ぃ…!」

京太郎「え!?ぎええ、今度はIバック水着ぃ!?また間違えた、ていうか陳列おかしいだろ!!」

灼「も、もういい・・・京太郎に任せたらとんでもない水着着せられちゃう…///」

京太郎「誤解ですから!待って!」



灼「・・・」ブスー ←遠くのベンチにいる

京太郎(灼さんが拗ねてしまった・・・どうする、こうなったらいい水着を選んで機嫌を直してもらわねば)

京太郎「すみません」

店員「はい、どうしました?」

京太郎「えーっと、向こうの女の子に似合いそうな水着、あります?」

店員「そうですねぇ。彼氏さんが選ばれた方が、喜ぶのでは?」

京太郎「え、いや、彼氏とかじゃなくて・・・その、選んだ結果拗ねてしまって」

店員「ふふ、そうでしたか。うーん、小柄で大人しそうな娘ですし、このような・・・肌をあまり見せないワンピースがいいかと」

京太郎「あ、いいですね。結構イメージ通りかも。じゃあそれで・・・」

店員「おっと、スタイルはこれでいいと思いますけど、色は貴方が選んであげてくださいね」

京太郎「え、俺・・・?」

店員「店員に薦められるがまま買いましたーじゃ、彼女がっかりしちゃいますよ?」

京太郎「た、確かに。よーし、灼さんに似合う色・・・」

店員「それでは、失礼しますね」



京太郎「灼さん、灼さん」

灼「・・・なに」

京太郎「さっきはすみませんでした。水着、選んできました」

灼「・・・今度はどんなエロ水着選んできたの」ジトー

京太郎「ちゃんと選びましたって!ほら!」

灼「あ・・・」

京太郎「露出を抑えたワンピース。色は、パステルブルーです。灼さんに似合うと思いまして」

灼「・・・」

京太郎「クールだけど可愛らしい色・・・俺なりに吟味したんすよ?」

灼「・・・京太郎」

京太郎(ダ、ダメか・・・?)ドキドキ

灼「ありがとう・・・すごく、嬉しい」

京太郎(よ、よかったぁ~~!!店員さんありがと~~!!)

灼(可愛い水着・・・京太郎は頑張って選んでくれたのに、私は子供みたいに拗ねて・・・恥ずかしい)

灼「ゴメンね、京太郎。なんか、取り乱しちゃって」

京太郎「いいんですよ。俺もテンパって変な水着掴んじまいましたし」

灼「今度の海、これ着ていく」

京太郎「そりゃあもちろん。むしろ他の着たら許さないすよ。俺が選んだんすから」

灼「調子に乗らない。レジ行くよ」

店員「お会計ですかっ」

京太郎(さっきの人!?待ち構えてた!!)

灼「これを・・・」

店員「ありがとうございます!彼氏さんはお買いになりませんか?」

京太郎「いや、俺はもうあるんで…」

店員「そうですか。では、レジまでどうぞ~」

京太郎「ふぅ・・・灼さん、会計ですよ」

灼「も、も、もしかして・・・///」

京太郎「?」

灼「わた、私たちって恋人同士に見られてた・・・!?」

京太郎「・・・・・・でしょうね」

灼「い、いやあああああーーー!!!」ダダダダッ

京太郎「ちょっ!?灼さん、待って!会計がまだぁーーー!!!」


カン!