憧「……」

<ワーワー

望「みんなありがとーっ!」

京太郎「必ず望を幸せにします!」

憧(あーあ…お兄さんもついにお姉ちゃんと結婚しちゃったかぁ…)

<キレイダゾー カッコイイゾー

望「ねえねえあなた……」

京太郎「わかったよ……んっ」チュッ

憧(お兄さん…)ジワッ



憧「はぁ…眠いなぁ…」ゴシゴシ

京太郎「おはよう憧ちゃん、朝の掃除お疲れ様」

憧「おはよう…ございます…」

望「あら、あなたもう起きてたんだ」

京太郎「俺だってたまには早く起きるさ」

望「じゃあほら、いつものおはようの…」

京太郎「はいはい…」チュッ

憧「~~っっ!」ギリッ



憧「ふわぁぁ…ちょっと飲みすぎたかなぁ…トイレトイレ…」トテトテ

<アッ…アンッ…

憧「……?」

<ハァ…ハァ…

憧(お姉ちゃんの部屋から…なんだろう?)スッ

望「あんっ…きょう…たろぉ…」

京太郎「はっ…のぞ……」ズンッ

憧(あぁ…そうだよね…夫婦だもんね)

京太郎「…っっ!!」ブルッ

望「んっ…はあぁぁぁ…」ビクン

憧「……」




憧「お姉ちゃん行っちゃいましたね」

京太郎「久しぶりに麻雀部のメンバーでの旅行だ。楽しめるといいな」

憧「おかげでしばらくは2人きりですね♪」

京太郎「そうだね、望がいないから家事とか大変だね」

憧「料理は得意ですから任せてください!」

京太郎「そうなの? じゃあ早速今夜の夕食任せちゃってもいいかな?」

憧(計画通り…)ニヤリ



京太郎(んっ…晩御飯食べた後寝ちまったのか…?)

憧「あっ、お義兄さん起きましたか?」

京太郎「あっ憧ちゃん!? どどどうして裸なんだい!?」ビクッ

憧「ふふっ…お義兄さんだって裸じゃないですか?」

京太郎「うえっ!? どどどうして……」

憧「ねえお義兄さん…私のこと好きですか?」

京太郎「そっ…それよりこれはどういう…」

憧「答えてくださいっ!」

京太郎「そりゃあもちろん大好きだけどさ…」

憧「お姉ちゃんよりですか?」

京太郎「それは……」

憧「お姉ちゃんのほうが大切なのはわかってます……だけど私はそれが我慢できなくて…」ズイッ

京太郎「憧ちゃん…ふざけるのもいい加減に…」

憧「私じゃダメですか…?」フニッ

京太郎「あっ…」

憧「お義兄さんって大きい胸好きなんですよね、どうですか? お姉ちゃんより大きいですよね?」

京太郎「でもね…憧ちゃんはあくまで義妹で…」オロオロ

憧「お姉ちゃんがいない間だけでもいいですから…今だけは私をお姉ちゃんだと思ってくれませんか…」

京太郎「……」

憧「お義兄さん…いや、京太郎さんのためならこの体だって差し出せます…だから…」

憧「私のことも愛してもらえませんか?」

カン!