京太郎「ふぁぁ~あ」

京太郎(なんか昨日は東京への興奮で寝付けなくて結局徹夜してしまった…)

京太郎(なんもしないのもあれだしと牌譜整理やらしてたおかげで皆からはすげえ気を使われたし)

京太郎(徹夜明けのテンションでタコス作りまくったはいいもののやることないし眠気も限界っぽいな…ん?)

小蒔「すぅ…すぅ…」

京太郎(女の子が寝てる、なんだいつの間にか仮眠室に来てたのか。じゃあ俺も使わせてもらおう)Zzzz

小蒔「ん…あれ、私また寝ちゃってました?」

霞「あ、見つけたわよ小蒔ちゃん。また寝て、ってその人は?」

小蒔「え?その人って…わぁっ!いつの間に殿方が!?」

霞「こんなとこで寝てるなんて小蒔ちゃんじゃあるまいしねぇ」

小蒔「うぅ、とりあえず起こしましょう。もしもし、もしもし」

京太郎「Zzzzz、すいませんすぐ買ってきます…zzzz」

霞「爆睡してるわね,それにしてもなんて寝言かしら」

小蒔「困りました、もしもし起きてください」

京太郎「zzんふぁ~、なんだよカピーまだ朝じゃ…ってあれ?」

小蒔「あ、ようやく起きました!」

霞「廊下で寝たら汚れるし風邪も引きますよ?」

京太郎「え、ここ仮眠室じゃ…廊下だった!?」

霞「どうやったら仮眠室と廊下を間違えるの?」

京太郎「アハハ、徹夜で頭働いてなくてここで寝てる人がいたからてっきり仮眠室かと」

小蒔「ご、ごめんなさい。私が寝ちゃってたから」

霞「まぁとにかく早く戻った方がいいんじゃない?」

京太郎(なんか意識がはっきりして来たらこの二人なかなかなものをお持ちではないか!もったいない、ここで帰るのはあまりにももったいないぞ俺!)

京太郎「あ、それはそうっすね。ハハハ…」

小蒔(霞ちゃん霞ちゃん)

霞(なぁに?)

小蒔(あまり帰りたがらない、それにさっきの寝言や徹夜という発言。もしかして彼は学校でそれは酷い扱いを受けているのでは!?)

霞(ふんふむ、一理あるわね)

霞「そういえばさっき徹夜とか言ってたけどなにをしてたのかしら?」

京太郎「え?」

霞「別に変な意味じゃなくてね?私達男の人と接する機会はあまりないからちょっと興味があって…」

京太郎(興味だと!?こんな美人な巫女さんたちが俺に興味!ここは少しかっこつけて)

京太郎「まあ牌譜の整理とかですよ。俺は試合には出られませんけど皆の為ならこれくらいへっちゃらですし」

小蒔・霞「「!?」」

小蒔(あわわ、やっぱり彼は…)

霞(こんなに生気のない顔で爽やかな感じに言うなんて、彼の学校は鬼の住まう地だとでも言うの!?)

京太郎(ドン引きさせたっぽい!?あんまり知らない人に臭い感じで言うなんて無謀だったか?なんかまた寝不足でフラフラしてきたし、やっぱり戻って今日は寝てようかな)

京太郎「それじゃあ俺はこの辺で。そろそろ戻りますね」

小蒔(ああっ、彼が行ってしまいます!あんなにフラフラとしてるのに…)

霞(流石に見逃せないわね)

霞「あの、やっぱりまだ少し顔色も悪いようですしよかったらうちの控え室で休んでいきませんか?」

京太郎「そんな悪いですよ」

小蒔「あ、あの!私ももう少しあなたとお話ししたいかなぁ~、なんて」

京太郎(なんだ?これがモテ期ってやつなのか!?でもやっぱ会ったばかりの男を連れ込むのはIH中だしマズいだろ)

京太郎「いや、迷惑になりますしお気持ちだけということで」

霞「本当に気にしなくていいのよ、遠慮しないで」

小蒔「そうです!」

京太郎「嬉しいですけどやっぱIH中で『お~い、犬ぅ~!』あれ?」

優希「探したじぇ馬鹿犬。ほら、さっさと戻るじょ」

京太郎「あれ、なんかあったっけ?」

優希「お前が徹夜明けなのにどこか行っちゃったから連れ戻しに来たんだじょ。ご主人様の世話焼かせるなよな」

京太郎「誰が主人だ。あ、そういう訳で失礼しますね」

優希「うちの馬鹿犬が迷惑おかけしましただじぇ!」

ダレガイヌカ オマエダジェコノアホイヌ

小蒔「行っちゃいました…。それにしてもあの人、犬って」

霞「やっぱり彼は部活で酷い目に遭ってるみたいね。今度会ったら無理にでも関わってみましょう」

小蒔「そうですね、皆にも協力してもらいましょう!」

カンッ!