爽「腹減ったー」

揺杏「コンビニでなんか買ってく?」

成香「ダメですよ買い食いなんて、お行儀悪いです。ね、ちかちゃん?」

誓子「へ?え~…そうねそうだね、成香の言うとおりだよっ!」

爽「私の知ってる誓子と成香の中の誓子はどうにも別人な気がする…」

成香「?」

誓子「あ、あはははは」

由暉子「……」



<ドワーナンテコッター

揺杏「お、なんだなんだー?」

爽「おーおー盛大にぶちまけてんなー」

誓子「!」タタッ

成香「あっ、ちかちゃん!?」



誓子「大丈夫ですか?手伝います」

京太郎「す、すみません助かります」アタフタ

誓子「困ったときはお互い様ですよ」ニコッ

京太郎「――――!!」ズキャーン

誓子「?」

京太郎「」

誓子「あの…どうかされましたか?」

京太郎「聖母…いや女神か…」

誓子「はぃ?」


爽「おーい、誓子ーどしたー?」テッテッテ

成香「爽先輩も揺杏ちゃんもちかちゃんを見習ってください」クドクド

揺杏「はいはいわかったわかったわかった~」



京太郎「結婚してください」ガシッ

誓子「……へ?」

爽・揺・成「」

由暉子「これはまた大胆な」



京太郎「あなたという運命の人に出会わせてくれたことを、神に感謝しなければ」キリリッ

誓子「え、いやそのこれはいったい」

爽「…すげーなこいつ」

揺杏「なにこれちょーうけるんだけど」

成香「はわわ、チカチャー…」



京太郎「あなたがカラスが白いというのなら、俺が全てのカラスを白く染めてみせます」キリリリッ

爽「なんか言い出したぞこいつ」

揺杏「プフーわけわかんねー」

誓子「あのえっと…間に合ってます!!」ダダダダッ

爽「あ、おーい誓子ーどこに行くんだー」タッタッタッ

揺杏「ほれ成香とユキも行くぞー」

成香「ち、ちかちゃーーーん」




京太郎「あぁ、行ってしまった……………はっ!?俺は一体何を――」

由暉子「……」



誓子「はぁはぁはぁ…思わず逃げてきちゃったけど…」

爽「なーなー間に合ってますってなにが?あそこで間に合ってますっておかしくね?」

誓子「うう、うるさい!私だってわけわかんないよ!」

揺杏「しかしすげーやつもいるもんだな、変人だ変人」

成香「見た目はかっこよかったですけど…」

爽「ほほぅ、成香ちゃーんはあーゆーのがお好みなのかー」

成香「べ、べつにそういうわけじゃないです!一般的に見て、ですぅ!」

揺杏「って、あれ?ユキは?」

成香「ほんとうだ、いません」

爽「んー…いや、来た来た」


揺杏「ユキ、なにしてたん?」

爽「まさかさっきの男に捕まってむりや――」

由暉子「そこまで」

由暉子「桧森先輩、これを」

誓子「私に?なに?」

由暉子「さっきの人の名前と連絡先です」

誓子「!!?」

揺杏「お前あいつと話してたのか!?」

由暉子「えぇ、まぁ」

成香「はぁ…すごいです」

爽「で、どうだった?」

由暉子「…悪い人ではないと思います。変な人なのは確実ですけど」

由暉子「あ、桧森先輩の連絡先は教えてないので安心してください」

由暉子「ただ先輩の名前をどうしてもと言われたので……まずかったでしょうか?」

誓子「……ううん、ありがとね。ユキちゃん」

爽「おやおや、もしかして満更でもない感じですかー?」

誓子「…まぁドキドキしたのは事実だよ。あんなこと言われたの、はじめてだったしね」

爽「お?」

誓子「………須賀京太郎くん、か」

カン