インターハイ県予選、男子個人戦


京太郎「(くそっ!何を捨てたらいいかわかんねぇっ!どれもこれもこいつらの当たり牌な気がする…!)」

選手A「(なんだこいつ…本当に素人だな)」

選手B「(無名の高校の奴だし、大した事ないとは思っていたけど…)」

選手C「(雑魚もいいとこだぜ)」



京太郎「(ちくしょう!こんなところで…こんなところで俺は負けていられないんだ!

     清澄の名にっ……

     泥をっ…!


     塗るわけにはぁっ………!!)」ゴゴゴ…


選手A「(な、なんだ…?こいつの周りの空気が歪んで見える…!)」

選手B「(なにをやるつもりなんだ…!?)」

選手C「(くっ…!)」



京太郎「(もう

     これで

     終わってもいい


     だから

     ありったけを)」ゴゴゴ…

選手達「へ?」



カッ!!



選手全員「 !? 」





京さん「THIS WAY…」ゴゴゴ…





選手A「ひ、ひぃぃぃぃ…!」

選手B「ば、化け物…!!」

選手C「髪なっが…!!」





京さん「FIRST COMES ROCK…」ゴゴゴ…






      ボッ

……

久「やったじゃない須賀くん!個人戦ぶっちぎりで突破って素晴らしいわよ!」

京さん「少しだけ…救われた…」ゴゴゴ…

久「まったく…かっこつけちゃって……///」


優希「それにしても筋肉すごいついたなぁ~…う、腕にぶらさがっても…いいか?///」

京さん「右腕はやるよ…」ゴゴゴ…

優希「やったじぇ~♪」ピョンッ


咲「京ちゃん、服ぱっつんぱっつんだけど大丈夫?きつくないかな?」

京さん「大丈夫…痛くないよ、強がりじゃない」ゴゴゴ…

咲「それならいいんだけど……ふふっ、たくましくなっちゃって…///」


和「…とりあえず、お疲れ様でした」

京さん「和…教わった通り、とどめを刺したよ」ゴゴゴ…

和「そ、そうですか…須賀君の…お役に立てたのなら……///」


まこ「………」


京さん「………」ゴゴゴ…


まこ「(なんじゃろう……何かが根本的におかしい気がする…)」


カンッ