休みなので深夜に投下
ssまとめ42-19の続きです


洋榎「……お腹空いた」

恭子「主将、部活中なんですけど」

洋榎「しゃあないやん。対局からも外されてもうたし」

恭子「なんですか、そのはぶられたみたいな言い方。勝ち抜けルールですよ?」

洋榎「まぁ、強すぎるのも考えものやな……ん、この匂いは」

恭子「唐揚げ、ですかね」

洋榎「差し入れかな? 気ぃきくなぁ」


京太郎「こんちわっす!」


洋榎「……」

恭子「なんて顔してはるんです。お待ちかねの食べ物じゃないですか」

洋榎「あないなスケベ野郎の作ったもんなんて食えるか!」

絹恵「ようやっと終わったー……ってお姉ちゃんまだ気にしとんの?」

洋榎「絹だって困ってたやろ!」

絹恵「たしかにいきなり手を握られて驚いたけど、話してみたら結構おもろいやん」

洋榎「だぁ~もう!」

――――――


漫「うぅ、またラス引いた……」

恭子「じゃあまた罰ゲームやな」

漫「ゆ、油性だけは勘弁してください」

恭子「ダメや。ルールは守らんと」

京太郎「末原先輩、やめてあげてください。俺がなんでもしますから!」

漫「須賀君、うちのために……」

恭子「君はまた……胸見てものを言うんはやめたほうがええよ?」

京太郎「違います。俺は人の心を見てるんです」

恭子「はい?」

京太郎「胸が大きい人だとそれが邪魔で、ちょっと見るのに時間がかかっちゃいますけど」

恭子「えーと、突っ込んだ方がええのかな?」

京太郎「その点末原先輩のは……まぁ」

恭子「よーし、喧嘩売っとるってことは十分わかったわ」

京太郎「あだっ」

漫「ちょっ、先輩落ち着いて」

恭子「漫ちゃんに言われてもな……頭は冷えたけど。いきなりどついてすまんかったな」

京太郎「いや、いいですよ。それより唐揚げどうです? 出来立てですよ」

漫「わぁ、おいしそうやん。一個もらうね?」

京太郎「どうぞどうぞ」

恭子「君はもうすっかりマネージャーやな」

京太郎「新参者なんだからこれぐらいやりますよ」

恭子「んー、こういうとこは素直に評価できるんやけどな」

京太郎「キミと言えば、目玉焼きにはなにかけます?」

恭子「それはあれに決まっとるやろ」

京太郎「ですよね」


京太郎「シンプルに塩コショウ!」

恭子「濃厚なソース!」


京太郎「……先輩、それはないんじゃないですかね」

恭子「……邪道はそっちやろ」

京太郎「適度な塩コショウで本来の味を引き立たせる……これぞ王道!」

恭子「はぁ? シンプルな味だからこそソースが合うんやろ」

京太郎「……」

恭子「……」

京太郎「これは――」

恭子「戦争は――」


「「――避けられないっ!!」」

――――――


漫「あのー、二人とも?」

恭子「とは言っても、うちらだけでは勝負がつかないのは目に見えとる」

京太郎「ここで必要なのは第三者の意見」

漫「……ほな、さいならー」

恭子「――漫ちゃん」

漫「ひっ」

京太郎「どっちですか?」

漫「え、えと」

漫(言えへん。実は醤油派だなんて絶対に言えへん)


「「どっち!?」」

漫「堪忍してぇっ」



絹恵「あらら、お気の毒に」

由子「ちなみに私はマヨネーズ派なのよー」

洋榎「……なんやあいつ、恭子とも言い合いしとるんか」

絹恵「お姉ちゃん、寂しいの?」

洋榎「んなわけあるかっ」

由子「人間素直が一番なのよー」

洋榎「やかましいわっ」

絹恵「お姉ちゃんも塩コショウ派やん。案外気ぃあうんとちゃう?」

洋榎「だぁ~もう!」


カンッ