恭子「京太郎くん!!一緒にかえ…」

憩『もう、京くんってば冗談がお上手ですねぇー』

京太郎「いやいや 、本心ですよ。本心から憩さんのこと素敵だなって思ってますから」

憩『ふふっ。それじゃ、ありがたくいただいておきますよぉー…あ、それじゃこの辺で失礼しますねぇー』

京太郎「はい、それじゃまた……ふぅ。あ、恭子さん!!今帰りですか?」

恭子「……」

京太郎「…恭子さん」

恭子「なぁ、京太郎くん、さっきのって、三箇牧の荒川さん?」

京太郎「え、そうですけど」

恭子「仲ええねんな」

京太郎「そうですかね?まぁそこそこ話したりもするし、もしかしたらワンチャンあるかもって」




恭子「…あるわけ、ないやろ」ボソリ

京太郎「?」

京太郎「恭子さん?」

恭子「ううん、なんでもないよ!それよりほら、はよかえろ」

京太郎「あ、はい今いきます!!」

恭子「はよせなおいてくでー」

京太郎「ちょ、待ってくださいよ!?」



恭子「(そうや、あるわけない)」

恭子「(荒川 憩は雑誌でも度々取り上げられる超有名雀士。対して京太郎くんは特筆すべきでもない普通の子や)」

恭子「(そんな凡人が荒川さんみたいなんと釣り合うわけがない)」

恭子「(人には分相応っちゅうもんがある)」

恭子「そう 、相応の相手がな」ボソリ


カンッ!