窓の外を見遣れば、ざばざばと空から大きな雫が降り注いでいた。

 朝方は太陽が眩しく照りつけ、暑い位の天気だったというのに、降り出した雨は止む気配を一向に見せない。

 今朝テレビで見た天気予報だと一日中晴れで、降水確率は10%だった筈だ。

 所詮天気予報、当てにならないなぁと、憂いを含んだ溜息が零れた。


 宮永咲は、雨が好きではなかった。

 けれどそれは、雨に特別嫌な思い出がある訳ではなく、単純に干した洗濯物が乾かないとか濡れてしまうとか、そんな他愛もない理由からだった。

 そう――――今日までは。


 今は明確に雨が嫌いだ。今日嫌いになった。嫌いにならない理由がなかった。


 折角、さり気なく自然に彼を誘って。

 折角、今日のために色々とシミュレーションをして。

 折角、少しだけ背伸びをした御洒な服を着てみて。

 折角、なけなしの勇気を振り絞って――告白しようと決意したというのに。


 二人で楽しく遊んだ後、夕日に照らされた浪漫あるシチュエーションで切り出す。

 そんな風な予定を組んでいたにも関わらず、土砂降りの雨のせいで台無しだ。

 昼からのやや遠出をする予定が、全て潰されてしまった。


 ついてないなぁと、再び溜息を零し、手に持ったスマートフォンを見る。

 画面には通話履歴。一時間程前に彼――須賀京太郎から電話が掛かって来た履歴が表示されている。

 通話の内容は勿論、酷い雨だから遊びに行く日を延期しようという旨であった。


 陰鬱な雨の音を聞いていると、一度は振り絞った勇気が萎んでいく。

 今日は偶々運が悪かっただけだと、自分に言い聞かせてもみるものの――迷ってしまう。

 伝えられなくても、このままの関係でも良いんじゃないかと、思ってしまう。


(京ちゃんは私の事をどう思ってるんだろう……)


 ただの仲の良い友達だろうか。

 それとも手のかかる妹の様な存在なのだろうか。

 告白をしたら、いつもの様に優しく笑って――しかし困ってしまうのだろうか。



 ――解らない。

 彼の本当の気持ちが解らない。

 彼の気持ちも解らないまま、時間だけが流れている。

 どう考えてみても答えは出なかった。

 唯一つ解るのは、今自分が彼に恋焦がれている事だけだった。


(あれからどれ位、近づく事が出来たのかな……)


 昔を思い出して今を想う。

 これまでに悲しい事もあったけれど、彼と過ごす日々は凄く楽しくて――。

 気が付けば、いつの間にか彼の笑顔に焦がれて、このままでは嫌になって、どうしようもない位に切なくて――。

 近づいてみたかった。触れてみたかった。そう願うようになっていた。

 でも――今までの関係を壊してしまう事も怖かった。

 そう、怖い。壊されてしまう事が。弱い所を見せるのが。

 顔色伺って、ぎこちなく笑う、そんな無様な自分を曝け出すのが怖い。

 優しい人だと思われたくて嘘を付く、そんな自分が傷つかない為だけの優しさを見破られるのが怖い。

 失望され嫌われる事が本当に、本当に怖かった。


(痛い……)


 積もり積もった想いに――胸が重い。

 張り裂けそうな程膨らんだ――この想いが痛かった。

 想いは言葉にならずに内から外へと変換され――涙が滲んだ。

 締め付けられる胸の痛さに耐えられなくなり、クッションへ顔を埋める。

 そのまま何となく足をばたつかせてみるも、気分が晴れる事はなかった。


「何やってるんだろ、私……」


 顔を埋めたままそう呟いた時、インターホンが一度鳴った。

 どうせ勧誘か何かだろうと、無視を決め込む。

 しかし再度インターホンが鳴り――それも無視していると、今度は何度も連続で鳴り響くようになる。



「――――もうっ!」


 我慢できなくなり、埋めていた面を上げて身を起こし、大股で玄関に向かう。

 手酷く断ってやろうと、意気込んで勢い良く玄関を開けた。


「よう、咲」


 シュタっと片手を上げ、軽そうな挨拶をする彼――須賀京太郎が、そこにはいた。


「――えっ、京ちゃん……何で」

「あー、いや、別に用事がある訳じゃないけど、予定潰れて暇だろ? だから遊びに来た」


 続いて、「それに電話口で沈んでるみたいだったしな……」と、バツが悪そうに呟き目を逸らす彼。


「そ、そうなんだ……」

「ま、そーいう事だ。邪魔するぞ」


 返事を待たず、勝手知ったるとばかりに、ずかずかと玄関から上がって進む彼の背中を見ていると、何だかおかしくなってくる。

 堪え切れずに、くすりと笑みが溢れた。

 同時に、先程の優しい言葉を思い返す。

 現金なもので、何だか胸が暖かい。

 迷ったりしたけれども、やっぱり伝えたいなと、自然に浮かんでくる。


「ちょっと待ってよ、京ちゃん!」


 だから慌てて、彼の背を追いかけた。

 色んな想いを、たった一つの言葉に乗せて、今日伝えよう――そう嘘偽り無く思いながら。


 ある雨の日の、明日も変わらず続いていくだろう二人の一幕。

 しかし、一つの恋が確かに動いた――――新たな二人の始まりの物語。


 『京ちゃん、私ずっと前から――――』


                             ――槓