京太郎「…イ、クッ…!!」

憧「んんんっ~~ッッッ!!」

京太郎「はぁ……ふぅ」

憧「はぁはぁ………きょうたろ…」

京太郎「ん…」チュゥゥ

憧「~~~っハァ……きょうたろぉ」ギュー

京太郎「憧………んっ」

憧「あ、まだ抜いちゃヤダ」

京太郎「わかってる、ちょっと体勢変えるだけだよ」

憧「これ京太郎と繋がってるって実感できて好きぃ」

京太郎「……入れたまま動かないってやり方があるらしいけど、今度それやってみるか?」

憧「………」

憧「…あんた、動かないでいられるの?」

京太郎「………」

京太郎「うんそれむり」

憧「あたしもたぶんそれじゃじれったいと思うし…なにより余韻が大事なの」

京太郎「そうかい。そろそろ抜くぞ?」ヌッ

憧「うん……んんっ……」

憧「ぁは、いっぱい出たね。ね、あたし気持ちよかった?」

京太郎「あぁ、サイコー…って言っても俺、憧しか知らないから比べようがないけどな」

憧「いいじゃない、あんたはあたしだけを見ておけばいいの」

憧「それとも…他の女の子ともしてみたい?」

京太郎「…こんなエロ可愛い彼女がいたらそんなこと考えてる暇なんてねぇよ」

憧「なによエロかわいいってもうなに言っちゃってんのほんとにしょうがないなぁ京太郎は」フキュゥ

京太郎(そりゃ俺も男だから人並みに興味あるしそういうお店にも行ってみたいと思うけど…)

憧「きょうたろ~」スリスリ

京太郎(バカ正直にそんなこと言ったら、こいつ絶対泣くしな)

憧「すき~だいすき~」エヘヘヘヘヘー

京太郎「はいはい俺も超愛してるよ」


カン