「須賀君は、長い髪が好きなんですか」

言葉に詰まったのは、多分、自覚のなかった好みを指摘されたからだと思う。
二つに括った桃色の髪。歩くたびにたなびいて、いつの間にか和と目が合っていて。

「…胸を見られるよりは、はるかに良いと思います」

…また言葉に詰まったのは、自覚のあった好みへの行いを指摘されたからだ。
くすくすと笑う和と対照的な表情を隠すように口元に手を当てる。

「やっぱり分かりやすいか?」
「ええ、須賀君が思ってるよりも、視線は分かりやすいんですよ」

思わず泳ぐ視線。その先にある膨らみは相変わらず…と、察知されたようで和の腕に隠される。

「ほら…見てるじゃないですか。他に見るところはないんですか?」
「そうは言っても…」

しかし、禁止されたら仕方ない。
細すぎず、けれど太いとは思えない白い足。腰は胸よりずっと華奢で…胸を飛ばすと、夏のせいか、いつもより開いた首元が目に入る。
少し焼けたのか…ほっそりとした鎖骨、隙間に見えるブラの紐。そして、桃色のカーテンから覗く柔らかな首筋。
きめ細かいうなじは綺麗な曲線を描いて、可愛らしい顔に向かう。理知的な瞳が…? 少し、赤い。

「…見すぎ、です」
「…ごめん」

謝罪を一つ。そして目を離そうとして…振り返った和の首筋に、思わずごくりと喉が鳴った。

「っ、須賀君!」
「いや…! すまん!」

怒ってるのか怒ってないのか、飛んできた声にはイマイチ鋭さが無い。それでもここは謝っておくのが当たり障りのないところだろ。

「もう…今度は首筋がいいんですか…」

呆れた声。ため息を一つ、小さく唇から漏らした後、なんともったいないことにリボンをほどいていった。

「あ……和?」
「夏の間はこうしておきます。須賀君に襲われたら大変ですから…ふふっ」

流れる桃色の髪は一つに纏まって、桜色の川が首筋を覆う。和はいやに楽しそうだけど…

――多分、俺的にはそっちの方がヤバイ――

小さく小さく、覆った口元から漏れた声。和は苺みたいに真っ赤になって、ちらちらと俺を窺っていた。


カンッ